FXで勝てるようになるには何をすれば良い?(勉強方法)

※今回も私見がガンガン入っていることをあらかじめお断りいたします(汗)

野球、テニス、ゴルフ、将棋など・・・プロを目指すなら、基礎を学び、諦めず徹底的に練習し、得意技を築いていくことなどが求められ、それは勝ち組トレーダーを目指す場合も同じです。

この記事では、どうすれば良いのか、勉強方法について大きく2方向から紹介してみようと思います。

1.師に付いて習う

やはり、良い師を見つけて習うのが、一番早道です。 勝ち組トレーダーになるためには、学ぶべき事はエンドレスに湧いてきます。 悩む点、ぶつかる壁は一人ひとり異なるので、本を読むだけだったり画一的な教材だけでは非常に難しいです。 というかぶっちゃけますが、本では技術論の習得はムリです(トレーダーとしてのマインドセット作りに役立つ良書はたくさんありますが、技術論はムリ、少なくとも私にはムリでした 笑)。

■メリット
・上達の最短ルート
最短とはいっても「最低半年」くらいは想定する必要ありますが、短期間で実力を付けたいなら、「師に付いて習う」の一択です。
習う形は対面でもオンライン(スカイプ等)でもどちらでも良く(個人的には、移動の手間のかからないオンラインで十二分)、動画を見るだけ/説明文を読むだけとは得られる情報量が圧倒的!に変わってきますし、不明点をその場で質問することで理解度もアップできます。


■デメリット
・お金がそれなりにかかる
教え役の方の「血と汗と涙(?)の結晶」を伝授する訳ですし、時間と労力もかなり使う訳なので、それなりの授業料は取られます・・・
ちゃんと教えてくれる師なら、最低限でも20~30万円以上は想定すべきかと思います(受講期間は半年以上は不可欠で、たかだか数日程度のセミナーレベルでは正直なところ付け焼刃にしかなりません)。 あらかじめ決められた期間で学びきれなかったり、引き続き習い続けたい、という事(延長)になると2倍、3倍とかかることも十分あり得ます。 ですので、もうこれは「専門学校に入学して学ぶ」くらいに捉えて臨む気持ちを持った方が良いかなと思います。


・ハズレの師/自分に合わない師に当たるとお金と時間の損失が痛い
私が学んだ師は、一見するとぶっきらぼうに感じられ、好き嫌いが分かれそうな印象です。 実際、一緒に学んでいた受講生の中には「この人とは合わない、不満」に感じているような方もいたように思います。 私は、分からない事は分かるまで質問してくらいつき、本当に多くの事を学ぶことができたので不満等何もありませんでしたが・・・(あえて挙げるなら「もう少し安くしてほしかった」くらい)

また、決められた期間内では足りないカリキュラムが残り、受講延長を考えなければならなくなったり、ちょっと誠実じゃないなと思うのですが実は最初から延長前提のカリキュラムになっている、というケースも十分あり得ます。
※学ぶべき点は本当に数多くあり、2,3ヶ月から半年程度で全部詰め込む事は難しかったりもするので、悪徳とまでは言いたくはないですが、「だったら最初からそう断っといてよ」とは思いたくなりますよね・・・

■師の選び方
ネットで調べて評判を見てみるのも良いですが、私的には

・「誰でも」「簡単に」はNGワード
私だったら、この2つのワードを連発させている人は選ばないです(「一切、このワードを使っていない」で絞ると誰もいなくなるかもしれません・・・汗)。

ぶっちゃけ、受講者全員が勝ち組になるのはムリです。 愚直に必死に、勉強に付いていった一部の人だけ、勝ち組に入る可能性が出てきます。 なのに「誰でも簡単にお金持ちになれる! そうしてあなたも自由な人生を謳歌しませんか?」みたいな煽り文句を前面に打ち出す方は私は信頼できないです。

・直接指導してもらえる機会があることを明記している
「充実の動画/静止画コンテンツ」では足りないです。 「メールサポート」でも全然不十分です。 重複になりますが、対面でなくてもスカイプ等のオンラインでも全く問題ないので、直接コミュニケーションする機会をしっかり用意してくれる人を選びましょう。 


2.型(手法)を決めて徹底的に反復練習する

金銭(授業料)リスクを負わず力を付けて行くのなら、こちらの方法になるかと思います。 取り組む型(手法)は有料のものでも無料のものでもどちらでも良いのですが、1点だけ注意すべき点があります。
それは「ロジックの見えないサインツールは選ばない」ということです。

たいていの手法は、とことん使い込む事でそのロジックが効果的な場面/そうでない場面など、だんだん身に付けられるようになってきます。 必ずとは言い切れないものの、なぜそう言えるのかというと、「個々の手法はエントリータイミング取りに過ぎず、何度も何度も成功と失敗を繰り返していくうちに、そのエントリータイミング取りに合った”相場の環境認識力”が付いていく期待が持てる」からです。

なので、環境認識力が付くまではかなりの忍耐力を要することになるのですが(最低でも3カ月以上は勝ったり負けたり勝ったり負けたり、延々と反復が必要だと思います)、取り組んでいる手法のロジックがブラックボックスだと、その内だんだん手法に対する疑念が湧いてきて、ブラックボックスであることがギブアップしたくなる原因になる可能性があるからです。

■メリット
・師に付いて習うより、圧倒的に安上がり
自力で頑張る分、ローコスト・ローリスクです(くれぐれも、勉強期間中はロット最小限を厳守しましょう!)。
とにかく重要なのは、勝とうが負けようが決まったルールに従ったトレードをひたすら反復継続すること、その1点に尽きます。 トコトンまで一定の型でトレードを繰り返す事で、勝ちやすい形・負けやすい形がイメージできるようになります。 そして、そのトレードをEXCEL等に蓄積して集計することで、「だいたいどのくらいの勝率や利回りが取れるのか」を可視化しましょう。 そして、勝ちやすい/負けやすい形がイメージできるようになったら勝ちやすい形のみトレードするように変更し、月単位で成績の変化を見比べて実力アップを自己評価していく事で、最終的に「勝ち組トレーダー」の仲間入りを目指すという流れで取り組んでいくことができます。

■デメリット
・時間と忍耐力を要する
何かの手法を取り入れたとしても、すぐに勝ち続けられるようになるのはムリです(有料/無料問わず)。 エントリータイミングを取っただけで勝ち続けられるほど相場は甘くなく、勝つことももちろんあると思いますが、遅かれ早かれ資金を失うはめに陥ります。

・ある面「基礎をすっ飛ばして型から入る」やり方なので、基礎スキルは身に付かない
考えようによっては、トレードの目的は「お金を稼ぐ」なので、自身が勝つために必要なスキルが身に付いていれば十分、と捉えても良いかもしれません。

■「型」の反復練習の仕方
基本的には、ロジックがオープンになっているものであれば(サインツールでないもの)何を選んでも良いと思いますが、ひとつ挙げるならYoutubeで多数動画配信されている「みつしろ」さんの「逆張りからのトレンドフォロー」手法はおすすめできます(決して提灯記事ではないと信じていただけると幸いです・・・)。

「誰でも勝率75%を出し続けることができる」かのようなうたい文句はぶっちゃけ盛り過ぎと感じていますが(汗)、
・ロジックが明確になっていて、エントリーと損切りのルールも分かりやすい
・完全無料である
・トレードにおいて重要な「優位性」がある
・リスクリワードを伸ばしやすい手法
・反復練習を通して「相場の波に乗る」感覚を身に付けていける
と私は評価しています。

興味を持たれた方はこちらからメルマガ登録するとダウンロード/動画視聴できます(全て無料)。
http://mkinfo.jp/m/lp-cvs/?vid=42108

↑※こちらは紹介リンクになっています。クリックされた方には一切のデメリットはないですが、不快に感じられる方は下の紹介リンク無しURLの方をご利用ください。
https://www.mkinfo.jp/m/lp-cvs/

・反復練習の仕方
デモ口座を使うか、リアルマネーを使う場合は100通貨以下の単位でトレードできるFX業者をおすすめします(損切りしてもマイナス数円~数10円くらいにしかならないので)。
※3社全て、金融庁の認可取得済みのFX業者
※リンクは全てアフィリエイトリンクではありません。

SBI FX Trade(1通貨からの取引に対応、独自トレードツールのみ)

OANDA Japan(独自トレードツールの口座は1通貨からの取引に対応、MT4用口座は1000通貨以上)

マネーパートナーズ(nano口座は100通貨からの取引に対応)

※「逆張りからのトレンドフォロー」手法については、皆で学んでいく価値があると思っていますので、相互学習が目的のサークルを作ろうとしていますが、審査に落ちるかもしれません・・・

(追記)noteのサークル立ち上げを申請していましたが通りませんでした・・・。 チャットワーク等、違う掲示板利用を考えますので「サークル活動をしたい」という方がいらっしゃいましたら、コメント欄か
icchi.gbtf@gmail.com

までご要望いただけましたら幸いです(参加費等、お金は戴きません)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
2
長年勤めた企業を早期退職し専業トレーダー修行中(FX歴は10年くらい)のアラフィフ。師に付いて1年以上の猛勉強を経て、今年(2020年)に入りようやくやっていけそうな目途が付いてきました。老若男女問わず、将来に対し経済的不安を抱えている方の力になりたいと考えています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。