見出し画像

みま~もいたばし 第3回地域づくりセミナー

2019/11/16は、みま〜もいたばしの第3回地域づくりセミナー『地域に開かれた特別養護老人ホームをつくりたい』を高橋 寛昌 (Hiroaki Takahashi)さんが入居者のAさんとともに開催。

先日、馬場 拓也さんの社会福祉法人愛川舜寿会ミノワホーム、カミヤト凸凹保育園+plusを見学したのを受けて、音羽台レジデンスを『地域びらき』していくために地域の方とともに作戦会議。

たくさんの素敵なアイデアが出ました。

また、音羽台レジデンスが素晴らしい特別養護老人ホームであることも知ることができました。

ここまで『入居者さんを中心』に運営されている特別養護老人ホームはほとんど聞いたことがありません。

印象的だったのは、

①『自分たちが住みたい施設は自分たちが作るべき』ということで入居者さんの自治会である『音羽会』があり、ここで、自分たちがやりたいことを話し合われていること。

②施設の春祭りの当日の運営だけでなく、計画にも入居者さんが関わっていること。

③月に一回、地域の方と入居者さん、スタッフ、ボランティアさんなどでBAR(アルコールあり!)を開かれていること。

④何より、最期の場所で、最期まで、と入居者さんがお亡くなりになった際には、お看取りにも希望した入居者さんが加わり、お別れをされていること。

入居者のAさんは30 人くらいの人をお看取り、お別れをした、とお話しされていました。

素晴らしい地域づくりセミナーでした。

音羽台レジデンスの皆さん、地域の皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

誰もがその人らしく最期まで幸せに暮らせるまちを目指して活動しています。【みま〜もいたばし 発起人 事務局】【若年認知症いたばしの会 発起人 事務局】【誰でも居酒屋 発起人 幹事】【NPO法人ワンダフルキッズ、まいにち子ども食堂高島平 副代表理事】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。