夜道

南原順さんと目白の怪異

2017年8月22日。作家・プロデューサーの南原順さんから不思議な体験談をうかがうことが出来ました。
実際に取材してうかがったお話の1つを御紹介したいと思います。

※こちらの怪談話は有料での公開とさせて頂きます。

南原さんが不思議な出来事を体験したのは、1988年頃の12月31日。大晦日に渋谷で開催された香港映画のオールナイト上映祭に向かう途中でした。

場所は東京都豊島区目白。

当時、南原さんは目白の4丁目に住んでいて、そこから山手線目白駅に向かって歩いていたそうです。

時刻は夜の7時頃。目白にある大手銀行の社員寮の横を通りがかった時に、南原さんは不思議なものに遭遇しました。

この続きをみるには

この続き: 1,085文字

南原順さんと目白の怪異

石王英臣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
クラウドソーシングのランサーズでフリーライターとして活動している石王英臣です。ライターとしての日々の活動や日記などを書いていきたいと思います。