第24号:プレスカンファレンスの日の麻生で、中村憲剛選手に聞きました。

第24号:プレスカンファレンスの日の麻生で、中村憲剛選手に聞きました。

でんでーん、いしかわごうです。

いやー、始まりますね。

何がって???

・・・Jリーグに決まっているでしょうが!!

なぜか「子供がまだ食ってる途中でしょうが!!」と店員に切れた
「北の国から」の田中邦衛みたいな口調になってしまいましたけど、
今回は、週末に開幕を控えたJリーグのことを書きたいと思います。


僕の仕事は、Jリーグのカレンダーを中心に動いています。

なので、シーズンが開幕するこの時期になると、
「あー、いよいよ一年が始まるな」と実感するんですよ。

そしてこの開幕直前の特有の気分というのも、ちょっと好きだったりします。

なんて言えばいいでしょうかね。

・・・・まだどのチームにも勝ち負けがついていないので、
優勝する可能性が平等にあるというワクワク感と、
でも始まってうまくいかなかったらどうしようか・・という不安感。

その二つが混ざって、甘くて苦くて目が回りそうですぅーと、
シュガーソングとビターステップを歌ってしまいたくなりますよね。
いや、知らないですけど。

この続きをみるには

この続き: 2,816文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

第21号〜30号までの10回分のパックです。単品購入も可能です。

または、記事単体で購入する

第24号:プレスカンファレンスの日の麻生で、中村憲剛選手に聞きました。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。