見出し画像

川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.3

初優勝記念ということで、2017年の優勝メンバー全員のレビューコラムを書いております。

Vol.3の今回は背番号10〜14までです。

背番号10・大島僚太、キャプテン・小林悠、最高傑作・三好康児、バンディエラ・中村憲剛という顔ぶれです。

ラインナップはこちら

10.大島僚太:シーズン前に決意していた自らの変化。そしてシーズン中、密かに我慢していたこと。

11.小林悠:鬼門ブレイカーが塗り替えた、自らのジンクスとクラブの歴史。

13.三好康児:転機になった、谷口彰悟が誘ってくれた食事と、そこで伝えてもらった言葉。

14.中村憲剛:「だから仰向けじゃなくて、あのまま落ちて倒れたのかな(笑)」。初優勝について語るとき、ケンゴが語ること。

4人で、全部で6500文字ぐらいあります。読めばわかりますが、コラムというよりはエッセイみたいな感じですね。ただ他では絶対に読めない内容になっている自負はありますので、よろしければどうぞ。

なおバックナンバーはこちらになっております。

・背番号1〜4→川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.1

・背番号5〜9→川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.2

では、スタート!

この続きをみるには

この続き: 7,309文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

初優勝記念として、2017年の川崎フロンターレ全選手のレビューを書き残しております。全6回。選手一人につき、約1000文字前後あり、読みご…

または、記事単体で購入する

川崎フロンターレ 2017年 選手レビューvol.3

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

スキ、いただきました。あっざーす!
2
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。

この記事が入っているマガジン

優勝記念:川崎フロンターレ全選手レビュー(2017年)
優勝記念:川崎フロンターレ全選手レビュー(2017年)
  • 6本
  • ¥1,000

初優勝記念として、2017年の川崎フロンターレ全選手のレビューを書き残しております。全6回。選手一人につき、約1000文字前後あり、読みごたえはたっぷりです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。