見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ開幕戦・大宮アルディージャ戦)

いしかわごう

 2月25日はNACK5スタジアムで大宮アルディージャ戦です。

 2017年のJリーグ開幕戦となります。

NACK5はサッカー専用で試合がとっても見やすいので、好きなスタジアムです。

 実はこのNACK5スタジアムこと「大宮公園サッカー場」は、漫画「キャプテン翼」で中学生時代の翼くんと日向くんが、ドライブシュートとタイガーショットをオラオラと打ちあった決勝戦の場所でもあったりしますね。日向くんが初めてタイガーショットを披露して、壁にボールをめりこませたのも、ここなんですよ。

 さて。

川崎フロンターレにとって、このNACK5は、比較的、相性の良いスタジアムです。リーグ戦に限ってみれば、ここ最近は、負けた記憶がありません。

 去年は熊谷陸上競技場での開催でしたし、2009年はさいたまスタジアム開催だったり・・・という事情もありますけど、過去の試合を記憶を紐解いてみても、大久保嘉人がハットトリックしたり(2014年)、ロスタイムPK弾で劇的に勝利したり(2013年)、5-0で大勝したり(2011年)と、記憶に残る勝利が多いのも特徴です。

 「本当に負けていないな・・」と思って調べてみたら、リーグ戦のNACK5スタジアムでの黒星は、9年前の2008年シーズンでした(スコアは1-2)。ただ2012年の天皇杯では、3-0のリードから後半だけで3-4にひっくり返されるという、悪い意味で記憶に残っている試合もありますから、なんとも言えませんけどね・・・。

 2017年の開幕戦ではどんな試合になるのでしょうか。

 では、見どころをディープに語っていきたいと思います。

今回のラインナップはこちら。

1.ACLから中二日で迎える開幕戦。メンバーの入れ替えはあるのか?気になる予想スタメンは?

2.まさに大宮対策。最終ラインの配置と組み合わせから読み取れる、鬼木監督の狙い。

3.攻撃の改善ポイントは、「中と外の使い分け」。そして期待したい、左サイドの化学反応。

4.Jリーグ開幕戦でゴールを決めるのは、小林悠か?家長昭博か?さらに虎視眈々と、開幕弾を狙っている男たち。

5.<おまけ>対戦相手が感じた、中村憲剛の球離れの凄さとは?(「Get Sports」の中村憲剛特集の雑談 )

以上、5つのポイントで、全部で約6000文字となっております。

 今週は中二日という日程でこのボリュームのプレビュー&レビューを書いているので、かなりタイトです。それでも連日の現場取材で感じた様々な変化と発見を盛り込んでいますので、お付き合いしてもらえると幸いです。

どうぞ、よろしくお願いします。

この続きをみるには

この続き: 5,922文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ開幕戦・大宮アルディージャ戦)

いしかわごう

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

いしかわごう
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。