見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ1st第11節・柏レイソル戦)

5月8日はアウェイで柏レイソル戦です。

今回もディープに解説したいと思います。ラインナップはこちらです。

1.約5分で予習できる柏レイソルの戦い方。

2.予想スタメンから読み取るべき、二つのメッセージとは?

3.5試合連続無失点の柏守備陣。攻略ポイントは、◯と◯の揺さぶり。

4.「狭いスペースでの受け方はすごくうまいし、前を向く力はフロンターレの中でもトップクラス」車屋紳太郎も認める三好康児。三好の何に注目して観戦すべきか、教えます。

5.「やはり攻撃のための守備ではないといけない」(奈良竜樹)。あらためて求められる、強気のラインコントロール。

以上の5つのポイントで約6000文字に渡って、柏レイソル戦の見どころをディープに語っております。6000文字を超えたのは初めてです・笑。

読み応えは十分だと思いますので、興味ある方のみ、読んでくださいね。

では、スタート!

この続きをみるには

この続き: 6,853文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ1st第11節・柏レイソル戦)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。