試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第6節サガン鳥栖戦)
見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第6節サガン鳥栖戦)

4月10日はホーム等々力で第6節・サガン鳥栖戦です。

ミッドウィークにアウェイで行われたナビスコカップのアルビレックス新潟戦では5-0のスコアで大勝。ホーム等々力で迎えるサガン鳥栖戦のポイントは、どこになるのか。今回もディープに解説したいと思います。ラインナップはこちらです。

1.約5分で予習できるサガン鳥栖の戦い方

2.気になる先発予想メンバーは?「等々力でゴールできたら一番良いですね。自分としても等々力との相性は良いし、ユースのときから等々力ではゴールを決めている」と語る、三好康児のプロ初ゴールは生まれるか?

3.「俺はそれを望んでましたよ」。大久保嘉人がトップ下・中村憲剛を熱望していた理由とは?

4.左サイドの槍・登里享平は、「リトル・レナト」になれるか。

5.鳥栖の攻撃陣を抑えるための2つのポイント。トップ下・鎌田大地を沈黙させるための秘策とは?

以上の5つのポイントを、約4500文字に渡って詳しく書いております。明日の試合をより深く楽しみたい方にオススメです。

それでは、スタート!

この続きをみるには

この続き: 5,174文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第6節サガン鳥栖戦)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。