見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ2nd第10節・柏レイソル戦)

8月27日は等々力競技場で柏レイソル戦です。

3試合ぶりにホーム・等々力競技場で迎える一戦となります。

 前節が浦和レッズとの一戦が天王山だっただけに、ちょっと一息したくなるタイミングで、中位に位置する柏レイソルを迎え撃ちます。

 試合前々日の25日にアジア最終予選に臨む日本代表のメンバー発表を挟んだこともあり、練習を取材していても、この試合に向けた「テーマ」がどこかボヤけやすいというか、フォーカスしにくい感覚はありました。

 しかしこの柏戦では、取り戻さなくてはいけない大事なテーマがあります。

 そこを今回のプレビューで、たっぷり語っていきたいと思います。

「大事な試合に勝った後だからこそ、ここで勝ち点3を積み重ねることが大事になると思っている」

 この試合に向けた35歳・中村憲剛の言葉です。目の前の一戦に全力を尽くす姿勢には変わりません。

では、ピッチ上の見どころをディープに語っていきたいと思います。

今回のラインナップです。

1.気になる予想スタメン。大島僚太の出場可否は?

2.「攻守において攻める。そこの意思統一はできていると思います」(谷口彰悟)。この柏戦で取り戻さなくてはいけないモノとは何なのか?

3.「それにプラスして、クリスティアーノが入って3人の個性を全面に出しているという感じがある」。中村憲剛が1stステージとは違う顔を見せている柏を強く警戒するワケ。

4.車屋が押し込むか。それとも伊東純也が切り裂くか。勝敗のカギを握る左サイドの攻防に、「同い年ですし、大卒で同じ道を歩んでいる選手なので、そういう選手には負けたくない気持ちがあります」と、珍しく対抗心をのぞかせた車屋紳太郎。

5.「うまくシン(車屋紳太郎)を上げさせられれば、ミスマッチが起こる」。茨田陽生とのマッチアップで森谷賢太郎が狙う役割とは?

以上、5つのポイントで全部で約6500文字です。今回もどこよりもディープに試合の見どころを語っていると思います。

よろしくどうぞ。

では、スタート!

この続きをみるには

この続き: 6,534文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(リーグ2nd第10節・柏レイソル戦)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

感謝・感謝です!
2
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。