第8号:いしかわごう的インタビュー論:インタビューの極意は、心のリビングに招かれることにあり。
見出し画像

第8号:いしかわごう的インタビュー論:インタビューの極意は、心のリビングに招かれることにあり。

いしかわごうです。でんでーん。

今回は、仕事の話をしたいと思います。

それはインタビュー取材についてです。

川崎フロンターレの番記者として活動をしてるので、選手にインタビューの仕事をしたり、練習後の選手にちょっとした取材をするのは日常だったりします。

たまに「取材しにくい選手っているんですか?」と聞かれることがあります。

いるかどうかでいえば、そりゃあ、いますよ。

ただ断っておくと、川崎フロンターレに関していえば、選手にメディア対応やファンサービスを教育しているクラブなので、無視されたりという意味での取材しにくい選手はいません。たぶんJリーグのクラブは、程度の差はあれ基本的にそうだと思います。

だから取材で嫌な思いをしたりすることはないのですが、中には「ちょっと手強いな・・・」と思う選手はいます。

この「手強い」というのは、取材のツボが掴みにくいというか、考えの深いところを、どうにも引き出しにくい選手ですね。

そういった相手からも、どうやって本音を引き出していくか。今日はインタビュー取材のあれこれ話したいと思います。

この続きをみるには

この続き: 3,603文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

いしかわごうメルマガの2015年バックナンバーを全収録してるマガジン。配信時に未収録の「あとがき」も全号に付いてます。

または、記事単体で購入する

第8号:いしかわごう的インタビュー論:インタビューの極意は、心のリビングに招かれることにあり。

いしかわごう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

センス、良いっすね。
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。