試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第8節浦和レッズ戦)
見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第8節浦和レッズ戦)


4月24日はホームで浦和レッズ戦です。

この首位攻防戦に向けて、中村憲剛は笑顔を見せて、こう語ってくれました。
 
「こういうシチュエーションで浦和と対戦できるのは、ここ数年なかったからね・・・やるだけでしょ!」

 等々力で迎える3位・浦和戦のポイントは、どこになるのか。今回もディープに解説したいと思います。

プレビューのラインナップはこちらです。

1.約3分で予習できる浦和レッズの戦い方

2.三日間の練習取材で読み取る、予想スタメンに込められたメッセージ。

3.ダブルボランチに求められる「いつもよりも頑固な握り」とは?

4.勝利への近道が、浦和のウィングバックを困惑させることにある理由。

5.守備面で注目すべきは、3つのポイントはこれだ!

以上の5つの観戦ポイントで、約5000文字に渡って詳しく書いております。

試合をより深く、濃く楽しみたい方にオススメです。

それでは、スタート!

この続きをみるには

この続き: 5,737文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(1st第8節浦和レッズ戦)

いしかわごう

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

サンキューです!
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。