試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ナビスコカップ第6節・ベガルタ仙台戦)
見出し画像

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ナビスコカップ第6節・ベガルタ仙台戦)

いしかわごう

 5月25日は等々力競技場でナビスコカップ第6節ベガルタ仙台戦。今回も試合の見所をディープに解説したいと思います。

 ラインナップはこちらです。

1.約3分でざっくり予習するベガルタ仙台の戦い方

2.ターンオーバーで挑む一戦の先発予想。風間体制で初先発となるGK安藤駿介を支えてきたものとは?

3.「チャンスをもらえたので、何かを残したい」。攻撃陣のカギを握る大塚翔平に期待すべき仕事はこれ!

4.中盤を仕切るのは、ボランチ・狩野健太。大事なのは、うまくやろうとし過ぎないこと!?

5.「等々力のピッチというのは、小さい頃からずっと見ていたし、そこに立っている選手が格好良いと思っていた」。10年越しの夢を叶える瞬間が近づいている板倉滉。

 ポイントは5つ。全部で約5500文字に渡って、ベガルタ仙台戦の見どころをディープに語っています。安藤語録あり、板倉滉を熱く語るコラムもあるので、彼らのプレーを楽しみにしている方には、ぜひ読んでほしいと思っています。よろしくお願いします。

では、スタート。

この続きをみるには

この続き: 5,933文字

試合をディープに観戦するためのワンポイントプレビュー(ナビスコカップ第6節・ベガルタ仙台戦)

いしかわごう

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いしかわごう

ご覧いただきありがとうございます。いただいたサポートは、継続的な取材活動や、自己投資の費用に使わせてもらいます。

ありがとうございまっす!
いしかわごう
サッカーと将棋をコンテンツ化するフリーランスです。Number Webなどに寄稿。著書は「将棋でサッカーが面白くなる本」、「川崎フロンターレあるある1&2」など。「サッカー脳を育む」、「サッカー上達のためのマインドとメソッド」など中村憲剛の著書の構成も担当。