いせフィルム
「いのちにありがとう」
見出し画像

「いのちにありがとう」

いせフィルム

 自慢の友人が、又ひとりいなくなった…。

 遠藤滋、映画『えんとこ』『えんとこの歌』の主人公。脳性マヒで三十数年間寝たきり暮らしで、介助の若者たちと「いのち」を生かし合う日々を送ってきた。

 75歳に成ろうとしていた。

 その日、息が止まり、もう駄目かもしれないという状況で耳元に大声で「エンドウ!!」と呼びかけた。介助者のみんなも「エンドウさん!!」と口々に叫んだ。
 そうしたら、振り返って戻ってくるように息を吹き返した…。聴こえたんだね。

 それから枕元で珈琲をたてて、ベートーヴェンの第九のCDをかけて、みんなで「エンドウ」の名を呼びつづけた。まるで合唱のように…。
 およそ三十分後、ゆっくり静かに息を引き取った。

 「いのちにありがとう」
 遠藤の口グセのようだった言葉を思った。

 出逢いは、学生時代の反戦デモだった。警官に追われて一緒に逃げた仲間だ。脳性マヒで足を引きずりながらも逃げ足は早かった。
 「自分は障がい者で目立つから…」と言って「殺すな!」という反戦ステッカーをカバンに貼って学校に通っていた。

 したたかで、強い奴だった。
 「弱さの力」そのものを生きているような奴だった。だから、ずっと生き続けるような気がしていた。

 遠藤が最も尊敬していた歴史上の人物は親鸞聖人。親鸞の教え「悪人正機」ならぬ「障害正機」を生きるのだ…とよく言っていた。
 大袈裟に聞こえるかもしれないが、遠藤は親鸞聖人にマサルトモオトラナイ人生を、生きて生きて、生き抜いて、逝った。

 「凄いよ、遠藤…」

 充分過ぎるほど、頑張ったと思う。

 逝去を知った何人かから、
 「遠藤さんはきっと今頃あっちで、悠々と歩いているように思います…。映画の中で、伊豆の海を笑いながら歩いていたように。」とメールが届いた。
 私は、もしかしたらあっちでも若者たちと“いのちを生かし合う”日々を送りつづけているような気がしてならない。
 人は、そんな風に生きて死ぬように思う。

 新作『いまはむかし』で親父のことを「映画にしがみつくように生きて死んだ…」と呟いたけど、誰もが何かにしがみつくように生きて死ぬのだと思う。 
 「いのちにありがとう」といつも言っていた遠藤は、見事に「いのちにしがみつくように生きて死んだ」…のだ。


 遠藤の遺言。

 「だって君は、ひとりで勝手に何かをやってゆくことなんて出来ないだろう?」


(伊勢真一)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いせフィルム
ドキュメンタリー映画の自主製作・自主上映をしている「いせフィルム」のnoteです。できることをやっていくなかで迷い悩みながら上映会の企画・開催、映画の制作をしています。伊勢監督のコメントや上映後トークをアップし、会場へ来ることができない方にも発信していけたらと思っています。