【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part1)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト
見出し画像

【講演記録】第2回「主観性の蠢きとその宿――呪いの多重的配置を起動させる抽象的な装置としての音/身体/写生」(Part1)いぬのせなか座連続講座=言語表現を酷使する(ための)レイアウト

いぬのせなか座

この続きをみるには

この続き: 2,936文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
題名と目次を含めて83,909文字です。1字あたりの価格は約0.009円で、2009年にビットコインが世界で初めて法定貨幣と取引されたとき、1BTCあたりに付けられた値段とほぼ同じです。

三鷹の上演スペースSCOOLで2018年10月13日18時から行われた、いぬのせなか座・連続講義の第2回の記録です。 正式タイトルは第2…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いぬのせなか座
みんなの覚え書きを投稿しています。http://inunosenakaza.com