新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

freee×noteで「#給付金をきっかけに」周りのだれかを応援したり、自分の価値観を見つめなおす投稿をコンテスト形式で募集します!


このたび、クラウド会計ソフト「freee」がnoteとコラボして、「#給付金をきっかけに」コンテストを開催します!

いまの状況下で手にする給付金。
その使いみちは、価値観や、自分が大切に思うものによって、人それぞれだと思います。

だいすきなお店の商品を買って応援する。大切な誰かのために使う。自分の生活のために使う。

そうした給付金の使いみちに込めた思い、給付金を使って応援したお店やサービスの紹介、「お金を使うこと」の意味を考えなおしたエピソードなどを、ハッシュタグ「#給付金をきっかけに」で募集します。

このコンテストは、freeeがコロナウィルスの影響を受けたスモールビジネスを支援する「PowerToスモールビジネス」キャンペーンの一環で開催されています。
だいすきなレストランや、通っている床屋さん、街のちいさな工場など、周りのお店や小さなビジネスを応援する内容も、ぜひ投稿ください。お店やビジネスを運営されている方からの投稿もお待ちしています。

このコンテストが、給付金の使いみちを前向きに捉え、考えるきっかけになればさいわいです。

画像2

お手本作品

コンテスト開催にあたって、自炊料理家の山口祐加さん、bosyu代表の石倉秀明さん、Retail Futuristでnoteプロデューサーの最所あさみさんにお手本作品の制作をお願いしました。記事は順次公開していきます。ぜひご覧いただき、投稿をする上での参考にしてください。

■最所あさみさん

■山口祐加さん

■石倉秀明さん


コンテスト詳細

■ コンテストスケジュール
応募締切:2020年6月30日(火)23:59まで
発表:7月中旬予定

■ 応募方法
①noteアカウントで会員登録(ログイン)
②freeeのnoteアカウントをフォローする

③ハッシュタグに「#給付金をきっかけに」を設定して記事を投稿

※応募の際は「無料公開」で公開してください。
※すでに同じようなテーマで投稿した記事でも、このハッシュタグをつけて編集・公開すれば応募可能です。

■ 賞
「PowerToスモールビジネス」賞
・お店やスモールビジネスの応援につながるすてきな作品を書いてくれた方に、「お店支援金(※1)」として2万円を贈呈いたします。
・「給付金の使い道ジェネレーター(※2)」で作品をひろく拡散させていただきます。

入賞
・すてきな作品を書いてくれた方に、「お店支援金」として1万円を贈呈いたします。
・「給付金の使い道ジェネレーター」で作品をひろく拡散させていただきます。

(※1)このコンテストは、給付金を、大切な誰かを応援するためのきっかけにしていただければとの思いで開催しております。そのため賞金も「支援金」と称して贈呈いたします。使いみちは自由ですが、ぜひ周りの誰かのために使っていただけたら、と思っています。
(※2)「給付金の使い道ジェネレーター」は、質問に答えていくと、自分にぴったりの「給付金の使い方」がつづられたnoteの作品に出会えるしくみのジェネレーターです。みなさんの作品がより多くの人に影響を与えるものになれば、との思いで制作することになりました。

■ 審査
freee「#給付金をきっかけに」コンテスト運営事務局により審査

「PowerToスモールビジネス」キャンペーンについて

このコンテストは、freeeが中小企業・個人事業主を支援する「PowerToスモールビジネス」プロジェクトの一環で開催されています。

画像1

コロナ対策融資・給付金の利用可能性が確認できる「シミュレーションサービス」の提供や、補助金やテレワークについてのウェビナーの開催など。経営に大きく影響を受けている個人事業主や中小企業などのみなさまに向けて、さまざまな支援活動を行なっています。

freeeについて

■freeeとは

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、データとテクノロジーの力で「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」を実現する会社です。

「自動で、経営を軽くする」クラウドサービス「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」などを通じ、バックオフィス業務の効率化だけでなく、経営の可視化や課題解決の提案を行っています。

■freeeコンテスト開催にあたっての思い

新型コロナウイルスの影響もあり、飲食・小売・観光業などの店舗やサービスは大きな影響を受けています。みなさんが行きつけのお店やサービスを存続させていくために、そしてスモールビジネス全体のために、いまできることはないか?

そんな想いから始まったのが、この「#給付金をきっかけに」です。

給付金の使い方に目を向けてもらうことで、みなさんの毎日の暮らし、大切にしているお店、そして社会全体にとって、ちょっとでも良い変化を起こせたらと思っています。
(freeeコンテスト担当)

freeeの公式アカウントから、今回のコンテストにかける思いを発信いただいています。こちらも合わせてご覧ください。

■freeeの主な提供サービス

クラウド会計ソフト「会計freee(フリー)」
https://www.freee.co.jp

クラウド人事労務ソフト「人事労務freee(フリー)」
https://www.freee.co.jp/hr

資金繰り改善ナビ
https://www.freee.co.jp/finance/

オファー型融資
https://www.freee.co.jp/finance/business-loan/

請求書ファイナンス
https://www.freee.co.jp/finance/invoice-finance/

freeeカード
https://www.freee.co.jp/finance/card/


note編集部のおすすめ記事を紹介しています

スキへのリアクションメッセージは、アカウント設定で追加できます👆
551
ミッションは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」。noteの最新情報や機能カイゼンを紹介していきます。 note編集部 : https://note.com/notemag || noteイベント情報 : https://note.com/events

こちらでもピックアップされています

お題企画(2020)
お題企画(2020)
  • 25本

2020年に行ったお題企画をまとめています。 https://note.com/contests