緊急事態宣言。「攻める」テレワークには、ワクワクするアイディアが。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

緊急事態宣言。「攻める」テレワークには、ワクワクするアイディアが。

2021年が幕開けしたと思ったら、いきなり緊急事態宣言。

「年明け早々の展開にスタッフは対応に追われて・・・」と思いきや、責任者は前のめり。なぜでしょうか。

緊急事態宣言発令に伴い、池袋事務所は昨年4月以来のほぼ完全テレワークに切り替えとなります。前回の緊急事態宣言時に一度経験があるので、移行はわりとスムーズですが、違うところは、前回の反省を活かした「改善」。「前回はここが不便だったから、今回はこうしてみよう」というアイディアは、アルバイトさん含めみんなで意見を出し合って、いいものがあればどんどん採用していくのがインフィニティ・スタイルです。

その中で出てきたこんなアイディア。

「直接集まること」ができなくなったコロナ禍ですが、休憩中くらい雑談したい!という意見が多かったので、休憩中にオンラインで集まれる「一息するところ」というチャットを作ってみました。

テレワークでもオン・オフは大事ですが、事務所の「休憩中雑談」をテレワークにも取り入れようという発想は新しいですね。

困難に思えることも、「乗り切るぞ」と頭を切り替えて取り組めば、思いもよらない斬新なアイディアが生まれてくるものです。攻めの姿勢は大切。

さて、インフィニティでは、テレワークにも活躍するツールとして「持ち歩けるビジネスフォン」も新商材に加えました。この商材をどのようにお客様に提案すれば喜んでもらえるのか。お客様からの声にスタッフが気づかされることも本当に多いですが、新商材の販売戦略を立てるのはワクワクしますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
京都市中京区にある株式会社インフィニティ https://infinity-k.co.jp/ の業務担当者の頭の中です。 ツイッター https://twitter.com/Infinity_kyoto もやっています。 発言は担当者個人のものであり、会社の総意ではありません。