見出し画像

「鈍感な人」のマネをしてみよう。


どーも、いなだ(@taotien)です。

うつ経験を話したり、歌ったりしてます。

また、ニッコリうつの人がラクに生きられるヒントを発信したりしてます。

画像1

岩手県大船渡市「居場所ハウス」にて


【プロフィール】ニッコリうつ経験者。1971年生まれ、愛知県出身。度重なるストレスから28歳でうつを発症。2度の自殺未遂、3度の閉鎖病棟入院、10年に及ぶ壮絶な闘病生活を送る。考え方と生き方を180度かえて、うつを克服。2010年より学校、病院、行政、被災地などで経験を歌で伝える講演活動をはじめる。「経験者の言葉に背中を押された」「生きるヒントをもらった」という感動の声が後を絶たない。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Yahoo!ニュースなどメディアに多数出演。現在はメンタルソングライターとして、精神障がい者支援団体への楽曲提供やイベントプロデュースをしながら、自らも再発予防を実践している。


「ニッコリうつさん」とは、ボクがつけた呼び名。

どんなにしんどくても、人前にでるとニッコリできてしまう。

そのため、周りに理解されず、ひとりで抱えこんでしまい、ひどく疲れる。

そんなうつ症状をもつ人のこと。

ニッコリうつは、正式な医学用語ではありませんが、一般的に「smiling depression」(笑顔のうつ病、または微笑みのうつ病)といわれてます。

画像2



前回の記事で、「反応すべることを、自分で選択しよう」と書きました。

「職場では、そんな余裕ありません」

そう感じた方もいるかもしれません。

しかし、生命に関わる場合を除いては、「過敏になっても、あえて反応しない」という選択肢は存在します。

どんな選択肢か。

「鈍感になる」です。

画像3


実際に職場を見渡すと、「鈍感と感じる人」がいるのではないでしょうかか。

例えば、電話が鳴っているのに全然でない人、あるいは、お客さんがきてるのに全然気づかない人、急ぎのメールを全然返信しない人。

とはいえ、みんなわざと鈍感になっているワケではなく、それが自然の反応だと選択しながら生きている人たちなのです。

画像4

だから、ニッコリうつさんにも、「鈍感と感じるあの人たち」と同じように振る舞う選択肢もアリ、ということなのです。

アレコレと忙しく、自分がしんどく感じてきたときは、鈍感な同僚を思い浮かべて、「あの人でもこんなにしんどくなるだろうか」と考えてみてください。

「こんなにしんどくないかも」

「もう少し鈍感かも」

と感じたら、どうか自分の手をゆるめてあげてください。

画像5

鈍感な同僚をマネて、少しずつ自分の「べき思考」のしばりを、ゆるめてみましょう。

「でも、そんなに鈍感になったら、周りに迷惑をかけてしまう…」

大丈夫、安心してください。

職場で鈍感になる、意外なメリットがありますから。

どんなメリットかというと、ズバリ「休むように働ける」です。

画像6

「やっ、休むように、働く⁉︎」

なんて驚かれたあなたのために、次回くわしくお話しましょう。

⭐︎もしよかったらフォローしてもらえると励みになります。

いなだ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
20
28歳うつ発症→2度の自殺未遂→3度の入院→10年闘病。2010年より経験を歌で伝える講演活動をはじめ10年で1万人超に寄り添う。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかメディア多数出演。どんなにつらくても人前にでるとニッコリできてしまう「ニッコリうつさん」がラクになれるヒントを発信中!