見出し画像

うつを「自力で治す」ことは可能ですか?


どーも、いなだ(@taotien)です。

うつ経験を話したり、歌ったりしてます。

また、うつでしんどい人がラクになれるヒントを発信しています。

画像1


【プロフィール】講演家。1971年生まれ、愛知県出身。度重なるストレスから28歳でうつを発症。2度の自殺未遂、3度の閉鎖病棟入院、10年に及ぶ壮絶な闘病生活を送る。考え方と生き方を180度かえて、うつを克服。2010年より学校、病院、行政、被災地などで経験を歌で伝える講演活動をはじめる。「経験者の言葉に背中を押された」「生きるヒントをもらった」という感動の声が後を絶たない。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Yahoo!ニュースなどメディアに多数出演。現在はメンタルソングライターとして、精神障がい者支援団体への楽曲提供やイベントプロデュースをしながら、自らも再発予防を実践している。



・通院しても、うつがよくならない

・薬を飲んでも、うつがよくならない

画像2

そんな悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

ボクも、うつのとき同じ悩みを感じてました。

うつを「自力で治す」ことは可能ですか?

そんな質問をよくうけます。

結論からいいます。

可能です。

「マジっすか?」

画像3

なんて声が聞こえる前に、まずはこちらをご覧ください↓

「病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医師はこれを手助けするものである。」

医師になる人の心構えとして、お手本とされる医学の父ヒポクラテスの言葉です。

つまりこういうことです。

病気は、お医者さんや家族、友人の手助けをかりながらも、最後の最後は自らの力で治すもの。

画像4

この話をご理解いただけた上で、今回は実際に自らの力で、うつを治したボクが、「自力でうつを治す方法」を、お教えします。

この記事を読むだけで、病院や薬のみに頼らず、うつがよくなれます。

また、自らの力でうつを治す方法を手に入れられます。

では早速、みてまいりましょう。


▪️ うつを「自力で治す」ことは可能ですか?

画像5

可能です。

なぜなら、うつを治すには「考え方」を変えることが必要だから、です。

あなたの考え方を変えることは、どんな名医や名薬にも、できません。

あなたにしか、できません。

つまり、うつを治すのは、あなたにしか、できないんです。


30万部を超えるベストセラーとなった漫画『うつヌケ』(KADOKAWA)の著者、田中圭一さんも参考にされた、自分のうつを治した精神科医、宮島賢也先生の動画をご覧ください。

実はボク、宮島先生とコラボ講演したり、イベントで共演させていただいてます。

「薬を使わない精神科医なんて、いったいどんな人だろう?」

会うまでは不安でしたが、いざ会ってみると、優しくて、めちゃくちゃ面白い人でした(笑)。

話をもどします。

・薬を飲んでいても治る人は、考え方を変えた人

宮島先生はいわれてます。

ボクは、考え方を180度変えることで、最終的には自力でうつを克服できました。

例えば、生活習慣への考え方や人間関係の考え方、うつへ対する考え方を自分がラクになれるように変えました。

もちろん、お医者さんの力をかり、家族や友人の支えをかりながらの話です。

とはいえ、今までの考え方を変えるなんて、そんなに簡単じありませんよね。

宮島先生は考え方を変えるには、おもに「食生活と人間関係を変える必要がある」といわれてます。

例えば、食生活。

この続きをみるには

この続き: 2,408文字 / 画像8枚

うつを「自力で治す」ことは可能ですか?

いなだ@うつヌケ先生

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
講演家。28歳うつ発症→2度の自殺未遂→3度の閉鎖病棟入院→10年闘病。2010年より経験を歌で伝える講演活動をはじめ10年で1万人超に寄り添う。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかメディア多数出演。うつのとき、「これ知ってたら、ラクになれたのになぁ…」っていうヒントを発信してます!