見出し画像

うつから復職。「安心して働くためにする」たった1つのことは?


どーも、いなだ(@taotien)です。

うつ経験を話したり、歌ったりしてます。

また、うつでしんどい人がラクになれるヒントを発信しています。

画像1


【プロフィール】講演家。1971年生まれ、愛知県出身。度重なるストレスから28歳でうつを発症。2度の自殺未遂、3度の閉鎖病棟入院、10年に及ぶ壮絶な闘病生活を送る。考え方と生き方を180度かえて、うつを克服。2010年より学校、病院、行政、被災地などで経験を歌で伝える講演活動をはじめる。「経験者の言葉に背中を押された」「生きるヒントをもらった」という感動の声が後を絶たない。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Yahoo!ニュースなどメディアに多数出演。現在はメンタルソングライターとして、精神障がい者支援団体への楽曲提供やイベントプロデュースをしながら、自らも再発予防を実践している。


●うつで休職してるけど、そろそろ復職を考えなければ…

●復職しても、うまくやっていけるかどうか心配…

画像5


うつで長い間、休職していると、復職できるかどうか、不安になることがあります。

こういった悩みにお答えします。

本記事を書いているボクは、自らのうつを克服し、1万人超のこころに寄り添ってきました。

うつで休職しているときは、先がみえず、不安でいっぱいでした。何より、うつがよくなるのか、わからなかった。

とはいえ、何度も何度もつまずきながら、いくつかのステップをふむことで復職を果たせました。

また復職してからも、うつを回復でき、安心して働くようになれました。

この記事を読むだけで、安心して復職できるようになれます。

また、「復職ー回復」へのステップを手に入れられます。

それでは早速、みてまいりましょう。



▪️うつから復習。「安心して働くためにする」たった1つのことは?

画像2

結論は、「リハビリ」です。

なぜなら、うつは動けば治るから、です。

完全復職率9割の医師、廣瀬久益先生の動画です。


・うつで長い間、休職していると動けなくなる。
・動かなくなればなるほど、うつが悪くなる。
・1日も早く動けば、うつはよくなる。

廣瀬先生は、いわれてます。

「リハビリっていわれても、どうしたらいいかわからないよぉ」

っていう、そこのあなた。

「朝おきる」のも、立派なリハビリです。

画像3

ボクはうつで休職してるとき、まずは決まった時間におきることを目標にしました。

決まった時間におきることで、乱れた体内時計が整えられるから、です。

早寝早起きで活力を高め、生活のリズムが整えられるようになると、「復職ー回復」への第1歩を踏みだせます。

このように、うつで休職したときは、できるだけ早く、リハビリすることが大事です。

リハビリできるようになれたら、いよいよ復職です。

完全復職率9割という驚きの結果をもたらす、廣瀬先生の「復職ー回復への6つのステップ」を、ご紹介しましょう。


▪️「復職ー回復」への6つのステップ

画像4

うつ病から「復職ー回復」への道筋は、大きく分けて6つのステップがあります。

1.自室モード
2.家モード
3.外で独りモード
4.外で大人交流モード
5.仕事モード
6.復職モード

ボクも、ほぼこれと同じステップをふむことで、復職できるようになれました。

とはいえ、各ステップにおいて、いくつかのハードルがあります。

治療と、ケアと、リハビリは、この道筋に応じてすすめることが重要です。

では1つずつ、みてまいりましょう。


ステップ1. 自室モード

画像7

うつ発症直後のステップです。

ストレスから離れ、自室にこもりながら、まずは安静にしましょう。

この時期は、睡眠が大事です。

枯渇した心的エネルギーを少しでも増やすようにしましょう。

【治療とケア】               休職、薬物療法、栄養療法、精神療法


ステップ2. 家モード

画像7

ちょっぴり気分が和らぎ、不安もやわらいできました。

この時期は、お家で家族と会話ができるステップです。

とはいえ、はじめから長時間の会話はNG。

先への不安が大きくなり、再び自室モードへ逆もどりするからです。

少しずつ、会話を増やすようにしましょう。

【治療とケア】               薬物療法、栄養療法、精神療法


ステップ3. 外で独りモード

画像8

「ステップ2→3」へのハードルは高いです。

外へ出ると他人に見られるため、ほどほど元気によそおう必要があるからです。

はじめは、家族と一緒に「近い場所で短時間」の外出を、おすすめします。

なれてきたら、独りでできる図書館で本を読んだり、ウィンドウショッピングしたりして、気分を慣れさせましょう。

【治療】                                                                 薬物療法、栄養療法、精神療法、運動精神療法


ステップ4. 外で対人交流モード

画像9

ステップ3では、他人との交流は、あいさつ程度でした。

ステップ4では、ハードルを少しあげて、他人との会話に挑戦です。

はじめは家族、つぎは親友、というように、あなたにとって親しい関係の人との交流を深めるとよいでしょう。

【治療とケア】                                                      薬物療法、栄養療法、精神療法、運動精神療法、SST(生活技能訓練)、復職プログラム


ステップ5. 仕事モード

画像10

いよいよ復職への準備です。

この時期は、休職によって低下した仕事や生活の活力をあげることが必要です。

また、職場へもどっても、仕事や人間関係にスムーズに対応できるトレーニングも必要。

そんなとき、おすすめするがリワークです。

リワークとは、復職プログラムを実施する施設のこと。

最近は公的機関、病院、企業内でもリワークが開設されてます。

診断書が必要になりますので、詳しくは病院などで聞いてみましょう。

【治療とケア】               薬物療法、栄養療法、精神療法、運動精神療法、SST、復職プログラム


ステップ6. 復職モード

画像11

職場へもどって「ならし運転」です。

とはいえ、まだ十分とはいえないので、勤務時間や仕事量の調整が必要になります。

少しずつ、勤務時間をのばし、仕事量を増やし、慣れてきたら徐々に活力をあげていきます。

職場の協力が不可欠になるので、復職前によく話し合って決めておきましょう。

【治療とケア】                                                      薬物療法、栄養療法、運動精神療法


▪️ 復職するのに一番大切なこと

画像12

結論は、動くことです。

うつになると、動けなくなり、家の中でじっとしている時間が増えます。

たしかに、急性期のときは安静が大事です。

しかし、安静にする過ごし方だけが、休養じゃありません。

風邪をひいたときの休養は効果的ですが、うつになったら、できるだけ早く動いて、リハビリをして、活力をあげることが大事なんです。


▪️まとめ

画像13

うつから復職。「安心して働くためにする」たった1つのことは、「リハビリ」です。

なぜなら、うつは動けば治るから、です。

とはいえ、リハビリなんてできない人は、「朝おきる」ことから、はじめましょう。

決まった時間におきることで、乱れた体内時計のリズムを整えられます。

早寝早起きで活力を高め、生活のリズムが整えられるようになると、「復職ー回復」への第1歩を踏みだせます。

「復職ー回復」へのステップは6つ。

1.自室モード
2.家モード
3.外で独りモード
4.外で大人交流モード
5.仕事モード
6.復職モード

復職するのに一番大切なことは、動くことです。

たしかに急性期のときは、安静が必要です。

しかし、安静にする過ごし方だけが、休養じゃありません。

風邪をひいたときの休養は効果的ですが、うつになったら、できるだけ早く動いて、リハビリをして、活力をあげることが大事なんです。


今回の記事は、完全復職率9割という驚きの結果をもたらす廣瀬久益先生の、こちらの本を参考にお話しさせていただきました。

復職方法だけじゃなく、うつが治る理由や、うつがよくなる食べ方疲れた心のエネルギーを高める生き方など、うつで悩む人の役立つ情報がいっぱいです。

よかったら、参考にしてみてくださいね。


⭐︎もしよかったらフォローしてもらえると励みになります。

いなだ

参考文献:『完全復職率9割の医師が教える うつが治る食べ方、考え方、すごし方』(廣瀬久益著、CCCメディアハウス)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
講演家。28歳うつ発症→2度の自殺未遂→3度の閉鎖病棟入院→10年闘病。2010年より経験を歌で伝える講演活動をはじめ10年で1万人超に寄り添う。ドラマ『うつヌケ』モデルのほかメディア多数出演。うつのとき、「これ知ってたら、ラクになれたのになぁ…」っていうヒントを発信してます!