見出し画像

最高の休日

任地128?日目。土曜日。
仲間と一緒に最高の休日を過ごしてきました。

マンコラ合宿と称して3ヶ月前からお誘いのあったリゾート地への旅行に参加。
首都からはるばる来た隊員も含めて計10人で行ってきました。

木曜日から日曜日までの4連休。
仲間と過ごすゆっくりした時間。
外にはビーチ、プール。宿も完璧。
食事は仲間が持ち寄った材料で日本食を。
最高。もう本当に最高。

あ〜幸せー!!って何回言ったことだろう?
そんな休日は、文字通りの最高の休日。

日本とかハワイにいると、ゆっくり〜とか言いつつ外に出て買い物とかしちゃうけど、逆にここは何もないから料理作ったり、ギター弾いたり、プール入ったり、ジュース作ってビーチで飲んだり。そういうゆっくりした時間を過ごせました。

まだまだ私は「幸せ」の価値観がそういう感じ。「リゾート」「ゆっくり」「日本食」「日本人の仲間」「気の知れた友人」そういうのに幸せを感じる。そしてそれらは任地にはない。

任地にいて、あーー!!最高の休日だー!って言える日は来るのかな?
そう思えるくらい任地を好きになれたらそれこそ幸せだと思うけど。

2泊3日だったので、今日は州都の同僚の家に泊まっています。
気づいたけど、居心地の良い同僚の家、いつも鼻水が止まらなくなる。疲れなのか、同僚宅のなにかのアレルギーなのかわからないけれど。。こんなに居心地いいのにー、それだけが辛い。笑 き、気づいてしまった。笑

まあそんな休日でした。
9/2にはペルーに来て5ヶ月になる。
9月はイベントたくさんなので、きっと10/2まであっという間。
もう半年近くが過ぎようとしているとはびっくりです。

ちなみにマンコラは私の任地からは4時間。海沿いのエリアに住んでいるのに、海に出るには4時間かかるとはペルーの大きさに毎度びびらされる。
でも近いし、また行きたいな〜

そんな感じです。
おやすみなさい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いくみ /「遊び」ながら「グローカル」に生きる人

サポートありがとうございます!! いただいたサポートはペルーでの活動費用、地域や国際協力についての学び、出張費に使わせていただきます。

うれしいです!
都会生活の悩みを解消するための農村暮らしを通した新たな価値観の提案|福島県二本松市で農村ツーリズム←#青年海外協力隊 ←ホテルフロント←飲料メーカー知財←大学にて観光人類学| ブログ「VOICE!!!!」も(https://ikuminoheya.com/)