政策立案能力を前面に
見出し画像

政策立案能力を前面に

泉健太は23日、立憲民主党代表選・街頭演説会 in 福岡に参加し、九州・福岡の皆様に直接代表選挙立候補の想いと自らのビジョンを訴えました。

動画はこちらから

みなさんこんにちは。ありがとうございます!うれしいです。
こんなにたくさん皆様にお集まりをいただきました。福岡のみならず九州各地からこの演説会に、お越しをいただいています。わたくし泉健太からも、改めて心から御礼を申し上げます。本当に皆様ありがとうございます。

九州・福岡は全国に比べると頑張っていただいた

さて、立憲民主党は総選挙で非常に厳しい結果を突き付けられました。しかし、この福岡では何とか持ちこたえた。各地で激戦をして、本来国会で活躍するはずの方が当選できなかったけれども、この福岡は本当に頑張っていただきました。そして、その九州福岡のがんばりにおいては、野党各党の皆様にもご支援ご協力をいただきました。市民の皆様、各野党の皆様にも、心から感謝を申し上げたいと思います。
そのうえで立憲民主党は厳しいことを言えば、身内で盛り上がっていてはいけないと思います。今、私たちは改めて自らを奮い立たせるとともに、外へ外へと向けて、どうやったら支援をいただけるのか、一人一人がそのことを考え、無党派・中道の皆様にも受け入れられる政策を作っていく、そして訴えをしていかなければいけません。

多くの国民の支持を得るために

例えばかつて野党は牛歩をしたこともありました。乱闘国会の時もありました。それが国民から賛同を得ていた時もあった。しかし今それをやれば、多くの国民の皆様はついてこられない。同じように国会の中の戦い方を、多くの国民が受け止めてくれていたのか。こういうことも改めて、反省をしなければならない。私は立憲民主党の政策路線は素晴らしいと思うんですよ。そうですよね、みなさん。政策の路線は先ほど逢坂さんが訴えたこと、小川淳也さんが訴えたこと。そしてこの後、西村智奈美さんが訴えることもそうです。政策は間違ってない。でも今回負けてしまったということを、単に紙一重でたまたまだと言ってはいけないんです。真剣に党を変えていこうじゃないですか、みなさん。真剣にかつ前向きに、この立憲民主党、私は更に国民の支持を得られるように変えていきたいと思っています。

政策を強く訴えます

その為には、私たちは本来持っていた政策提案能力、政策立案能力というものをもっともっと前面に発揮していきたいと思うんです。考えてみたら衆議院予算委員会のような場で、ともすれば向こうが疑惑ばっかりで、疑惑のことばかり扱わなければいけないような、そんな野党の質問になっていた。これからはその時に、立憲民主党の出している法律、経済政策、安全保障政策、環境政策、こういうものを国民にしっかりとアピールをしていきたいと思うのです。私たちにはそういう政策があるんだということを。私は広く国民の皆様にお訴えをしていきたいと思います。

エネルギー政策転換と災害対策の強化

この福岡も水素の活用を始め、エネルギーをどんどん化石燃料から変えていこうという先進地であります。そういった地域の取り組みの先進事例をどんどん立憲民主党が取り入れて、日本の中でエネルギー転換を図っていく。原発ゼロを訴える政党だからこそ、代替エネルギー、再生可能エネルギーは実現できるという、その実現性をちゃんと説明していくことが必要だと思います。そして気候変動に伴って各地で災害起こっています。九州も豪雨に、線状降水帯に非常に悩まされた。私たち立憲民主党も命のインフラという言葉で、こういった災害対策にもしっかり予算を投じていく、こういう政策もこれから全国で訴えをしてまいりたいと思います。

不正は許さず、税金の使い方を変え、多くの仲間を活かせるリーダーになります

どうかみなさん、不正は許さない、そして税金の使い方を変える、そしてその税金の使い道は、まさに皆様の生活を守るために、私たち立憲民主党は使っていく。その先頭に立つという仕事をわたくし泉健太にさせていただきたいと思います。私は飛びぬけたリーダーではありませんが、多くの仲間たちを活かすことのできるリーダーだと思っています。立憲民主党には素晴らしい仲間たちがいる。その仲間たちが活きる党にこれからもしていきたいと思います。どうか皆さんのご支援、泉健太によろしくお願いいたします。ありがとうございます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
立憲民主党 代表。2003年(29歳)に初当選を遂げ、以降8期連続当選。2009年、内閣府大臣政務官に就任。家族は妻と子ども3人とうさぎ。趣味は料理、DIY、自転車、アウトドアなど。