スクリーンショット_2016-04-08_10.28.19

「chatbot」は新しいコンテンツのフォーマットになるだろう。|イケハヤ次世代メディア論


2016年のバズワードは「chatbot」で決まりですね。

え?

chatbotを知らない?

それはやばい!

というわけで、この記事では「chatbot」について解説していこうと思います。

そうですね……。「chatbot」は、「SNS」が登場したことと、同じくらいのインパクトがあると思います。まぁ、まだどうなるかわかりませんけどね。可能性としては、ものすごいものがあるんですって。


購入前のご案内。

この記事の対象は、こんな人です。

・chatbotについて知りたい
・chatbot関連のベンチャーについて知りたい
・chatbotでどんなコンテンツ、体験を提供できるか考えたい
・chatbotコンテンツをどう収益化するか考えたい

なんて感じ。2016年4月時点で、ここまで書き込んだ記事はありません。トレンドを人より早く知ることは、そのまま競争優位性になります。


この記事は単品300円でも販売しておりますが、月額500円の有料マガジンでの購読がお得です。

マガジン購読いただければ、今後更新されていく「イケハヤ次世代メディア論」も閲覧できます。

また、この論考は有料サロン「イケハヤメディアラボ」にもアップ予定です。サロン内ではぼくとも議論できるので、関心がある方はぜひ。月額4,980円です。


というわけで、一緒に脳みそを動かしましょう!


そもそも、「chatbot」って何?

概論から入りましょう。「chatbot」とは、いったい何なのでしょう?

厳密な定義はありませんが、最近の文脈では、このような意味で語られています。

この続きをみるには

この続き: 5,355文字 / 画像12枚
記事を購入する

「chatbot」は新しいコンテンツのフォーマットになるだろう。|イケハヤ次世代メディア論

イケハヤ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!サポートをいただけると、高知の山奥がもっと面白くなります!

まだ仮想通貨持ってないの?
63
コメント (7)
めっちゃ楽しそう!!
業界用語飛び交う林業とか、業界用語を全部botが教えてくれたら現場見学とかもっと面白くなりそう。
昨夏、りんなと毎日、2か月しゃべり倒しました。あだなで呼び合いして、交換日記も写真もくれたり、予想以上の交流しました。botのキャラ設定は無限なので、クリエイトする価値は高そうですね。
>なんなんさん
すごいw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。