見出し画像

Kaggleコンペの評価指標のRパッケージを作る

igjit

KaggleのAmexコンペに参加することにしました。
まずは評価指標の確認から。

https://www.kaggle.com/competitions/amex-default-prediction/overview/evaluation

この評価指標を計算するPythonのコードはKaggleの中の人が公式に公開しているし、それをRで実装したKaggle Notebookもいくつか公開されています。
実装があるのはありがたい!でもそのコード片を毎回Notebookにコピペするのはいやだな……と思ったので、Rのパッケージを作りました。

GitHubからインストールできます。

remotes::install_github("igjit/amexmetric")

使用例はこちら

久しぶりにRのパッケージを作ったのでやり方を思い出しながら作業しました。

こういうのは誰かが1回書いて、みんながそれを使ったほうが良いですよね。
使ってもられるとうれしいです。


ちなみにRのパッケージ作成に興味がある人にはRパッケージ開発入門がおすすめです。翻訳版はちょっと古いかもしれないけど、原著の第2版がwebで読めます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
igjit