井土まちづくり情報局

仙台市若林区井土地区についての情報を発信していきます。

井土まちづくり情報局

仙台市若林区井土地区についての情報を発信していきます。

    最近の記事

    【10月11日(火)開催!】クリーン作戦&イナゴとり!

    海岸公園冒険広場さんのご協力のもと、10月のクリーン作戦の日も、自然に触れ合うイベントを開催します。ぜひご参加ください!   【日時】10月11日(火) ①午前の部:10時~12時(※クリーン作戦は9時より行います) ②午後の部:13時30分~15時30分 【集合場所】井土集会所(仙台市若林区井土字宅地19-2) 【申込方法】 ①午前の部は不要。 ②午後の部は申込が必要です。「参加者全員の住所・氏名・連絡先」について、下記の「NPO法人冒険あそび場―せんだい・みやぎネットワー

    スキ
    1
      • 第2回自然環境学習会を開催しました!

        毎月11日は東日本大震災の月命日。仙台市若林区井土地区では、今年の5月から「井土クリーン作戦」と称して、毎月11日に地区内の清掃活動を実施しています。暑さが残る9月11日の日曜日、いつものクリーン作戦が終わった後、井土地区の自然環境学習会を井土浦川の河口付近で開催しました。今回のテーマは「井土の湿地帯にヨシとカニを見に行こう!」です。天気にも恵まれ、大勢の参加者とともに井土地区ならではの自然に触れる機会となりました。   〈主催〉井土町内会、井土まちづくり推進委員会、井土実行

        スキ
        1
        • 【イベントのご案内】井土の湿地帯にヨシとカニを見に行こう!

          【井土自然環境学習会#2】 若林区井土地区には、仙台市沿岸部の他地区に比べて、特殊な自然環境がいっぱい!ぜひ、一緒に観察してみませんか? 今回は、かさ上げ道路の東側に群生するヨシ原の近くまで歩きながら、そこに生息するアシハラガニ等を観察します。 カニの数は?大きさは?昔とどう変わった? 自然観察の専門家(北の里浜 花のかけはしネットワーク)と地元住民の皆さんと一緒に歩きながら、井土の風土を楽しみましょう! 【日時】2022年9月11日(日)9時~11時30分 【集合場所】

          • 『井土まちづくりレポート』第6号を発行しました!

            東日本大震災の津波被災から11年が経過した若林区井土地区。今後の地区運営において大きな課題となっていることの一つに「土地利用」が挙げられます。井土地区は、かつて103世帯が暮らす集落でしたが、現在は11世帯のみとなっており、宅地だった土地は更地となっているところや、工事業者の仮設事務所が設置されているところも見受けられます。 長期的なまちづくりのイメージを描くためにも、現状の土地利用のあり方を理解した上で、今後の理想像を話し合っていく必要があります。そこで、まずは現状の井土地

            『井土まちづくりレポート』第5号を発行しました!

             今年から始めた「井土クリーン作戦!」のご案内を掲載しました。  現在、井土町内会では人口減少と高齢化に伴い、地区内の清掃や草刈りが追い付いていない状況です。東日本大震災以降の懸案事項の一つとして、長らく課題として上げられていました。  こうした荒れた状態を前に、今年に入って、井土地区に事業所を置く北杜興業株式会社から井土町内会に対して、同社スタッフも参加した上で定期清掃を実施してはどうかという働きかけがありました。  このような提案を受けて、町内会としてもごみ拾いや草むし

            『井土まちづくりレポート』第4号を発行しました!

            東日本大震災で大きく被災した井土地区の現状を多くの方に知っていただきたく、12年目となる3月12日に見学会を開催しました。そのレポートになります。当日は若林区役所職員や仙台市議、宮城県議等、今後の地域づくりを後押ししてくださることを期待したい方々も招きして、今後の井土地区について意見交換を行いました。

            『井土まちづくりレポート』第3号を発行しました!

            2022年2月に開催した「井土自然環境学習会」のレポートを掲載しています。東北学院大学の平吹喜彦先生をお招きして、井土地区の海辺に広がる独特の自然生態系について説明していただきました。

            『井土まちづくりレポート』第2号を発行しました!

            昔の井土地区はどんなところ? 井土の資源をもっと有効に活用するには? そんな内容が詰まった第2号です。ぜひご覧ください!

            スキ
            1

            住民アンケートから聴こえてきた声

            (『井土まちづくりレポート』第1号より) 井土町内会と井土まちづくり推進委員会では、2021年9月に井土地区にお住まいの方、お住まいだった方を対象に世帯アンケートを実施しました。宅地跡地の今後への不安や、今後の地域づくりへの期待、井土に対する「ふるさと」としての愛着等、さまざまな意見を聴く機会になりました。ぜひとも、今後の地域づくりに活かしていきたいと考えています。

            『井土まちづくりレポート』第1号を発行しました!

            新しく立ち上がった住民団体「井土まちづくり推進委員会」のご紹介や、2021年9月に実施した住民アンケートの速報を掲載しています。 下記URLからダウンロードできますので、ぜひご覧ください。

            スキ
            2

            井土の「今」を発信していきます!

            【井土地区の概要】仙台市若林区井土地区は、東日本大震災で発生した津波によって甚大な被害を受けたことから、当初は地区全体が災害危険区域となることが想定されていましたが、最終的には地区の大部分が災害危険区域から除外されて再建可能となりました。しかしながら、仙台市震災復興計画が策定された2011年11月の時点で多くの住民が安全な内陸部へと住居の移転を果たしており、103 世帯のうち井土地区に残ったのはわずか11世帯でした。井土町内会は存続したものの、居住者の高齢化に伴う井土地区の自

            スキ
            1