リクエスト属性

1つのリクエスト内でのみ扱えるデータを、処理側のサーブレット、表示側のJSP双方から取り扱えるような仕組み(もしくはデータそのもの)をリクエスト属性とよび、javax.servlet.http.HttpServletRequestインタフェースを用いて、以下のメソッドで操作をすることができる

◎getAttributeメソッド
 
Object getAttribute(String name)
  属性のオブジェクト型を取得する
  戻り値はObjectなのでキャストして使用する
◎setAttributeメソッド
 
void setAttribute(String name, Object object)
  nameで指定した名前の属性に、objectのデータを設定する
◎removeAttributeメソッド
 
void removeAttribute(String name)
  nameで指定した名前の属性を削除する
◎getAttributeNamesメソッド
 
Enumeration<String> getAttributeNames()
  属性名の一覧を取得する

リクエスト属性を用いたデータ受け渡しの主な流れとしては
        request
クライアント⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ Servlet/JSP ↘
        response   ⇓request  属性
クライアント⇐⇐⇐⇐⇐⇐⇐ Servlet   ↙

こんな感じ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!