見出し画像

曲順。じゃなくて掲載順。

11/4から、架空ストアで取り扱いが始まっている、今年の個人誌『born to sing』の制作日記、というかもう解説?

 私の中で、毎年出している作品集(個人誌)というのは「CDアルバム」みたいな位置づけです。
 対になるものが500文字の心臓に出している超短編で、こちらは「シングルCD」みたいなイメージ。

 ミュージシャンのアルバムみたいに「直近のシングル」が入っているわけじゃないんですが、「曲と曲との繋がり」「全体としてのコンセプト」みたいなものを意識して、掲載作を選んだり書いたり並べたりしました。

 気に入っているアルバムを数点挙げると

METABOLISM / SING LIKE TALKING
Where do we go / SKOOP
無条件幸福 / The LOVE
Bits & Pieces / Speak
無罪モラトリアム / 椎名林檎
むにむにの樹 / アルカラ

 とか、同じミュージシャン挙げないようにすると難しいな、こんな感じなんですけれど、どのミュージシャンもアルバムの完成度が高くて、曲だけじゃなくてアルバム全体として一つの作品、みたいな雰囲気があるんです。

 作品集を構成する「お話ひとつひとつ」も確かに作品ではあるのだけれど、それを「まとめた全体」もひとつの大きな作品、そういうのを演出できればなあ、と作品集を作るときは考えています。

 イントロはキャッチーに。
 早めにひとつヤマを持ってくる。
 小休止を入れて、裾野をもつ大きなヤマを。
 余韻を持たせるラストチューン。

 今回意識した流れはこんな感じです。
 読んだ方がそれを感じてくれればうれしいですが、感じるまでもなく、流れるように先へ先へ読み進めてくれるのもまた嬉しいものです。
 掲載順に関しては、今回はかなり満足のいく出来になりました。

 そんな個人誌『born to sing』はこちらでお買い求めいただけます。https://store.retro-biz.com/page_detail_3387.html

----

このnoteは投げ銭制です。この後に記事の続きはありません。
スキをもらえると元気が出ます。

この続きをみるには

この続き: 0文字

曲順。じゃなくて掲載順。

氷砂糖

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
息をしたり、寝たり、食べたり、音楽を聴いたり、500文字小説を書いたりしています。福岡在住のはたらく障害者。noteでは同人誌作成日記とか書いたお話の解説とか、あとは行ったイベントの私的レポート。障害者の日常は需要ありますか?

こちらでもピックアップされています

『born to sing』制作日記
『born to sing』制作日記
  • 4本

2014発行個人誌『born to sing』の制作日記的なもの。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。