機能と自然の摂理

いばやし建築

例えば冬至における建物の南面の太陽の角度は正午に31.6度で夏至の場合は78.4度です。

これを冬場に日射取得として取り入れる事で1㎡あたり700ワットの熱を建物内部に取り入れる事ができます。

これはコタツ一つ分に相当します。

人が住まう上で消費するエネルギーは約70%近くが暖房や冷房や給湯に使用する熱エネルギーです。

自然の摂理とそれに伴う現象を設計に取り入れる事で省エネルギーを促す事が出来ます。

いばやし建築ではBIS(ビルディングインシュレーションスペシャリスト)の資格を北海道建築技術協会で取得しています。

BISで学んだ断熱気密や熱計算を駆使して富山の地にカスタマイズして常に最適な設計を促します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!