ねむるはる

かわいい神様。
固定された記事

はじめて自分の短歌をnoteに書いてみるなど。

自分がいままで書いてきた短歌をまとめてみました。 ある程度数がたまってきたら、noteにまとめてみようかなと! ひっそり活動なので、ドキドキ。 Twitterもやってます・…

母のおかしくてあったかい愛

‪実家から送られてくる仕送り便は、大抵過剰で突っ込みどころが多い。 社会人になってもう6年になるし、元より仕送りが必要な貧乏学生でもないから、ダンボールいっぱいの…

あの夜わたしは夏に溺れた

蒸し暑い夏の夜、わたしは彼の友人が働くカジュアルなフレンチのお店で飲んでいた。お店の周年パーティーに呼ばれたから一緒に行かない?そういって、差し入れにバウムクー…

だれも正しくない夜がくる

夜がくる。だれかが耳元でささやく夜がくる。 あの人はああ言った。この人はこう言った。 正解を出さなくちゃと、期待に応えなければと、夜道をずんずんと。進めば進むほど…

バターといっしょに溶けちゃえばいいのに

すこし溜まってきた短歌放出。 ーーーーーーーーーーー 春を待つふりをしてひとり溺れてる消えゆく思い出苦く甘く たくさんの言葉を残してくれたから君がいなくとも星に…

強くなりたい、だから服を着る。

わたしにとっての服は間違いなく、わたしを強くしてくれるものだ。 わたしは自分に自信がない。 自己肯定感はたぶんお母さんのお腹の中に忘れてきたみたいだし、 自分の容…