notehead全体スケ

<演出助手>全体稽古スケジュールの作成

出演者のNGの状況から、稽古スケジュールを組んでいきます。
様々な要素を考慮して、スムーズかつ実現可能な組み方をしていきます。

仕事術-全体稽古スケジュールの作成

演出家を始めとした各スタッフとしっかりと事前の打ち合わせをします。
演出家によって“稽古時間の使い方”に違いがあったり、作品によっては“必要な演出を実現するために踏まないといけない段取り”があったりと、稽古進行において考慮すべき要因が多々あります。

今回の場合は、長谷川が演出と演出助手の仕事を兼任していたので、確認の時間は必要としませんでしたが、実際に組んだ稽古スケジュールと合わせて、重要な点を整理していきます。

他の「長谷川の仕事術」有料noteも気になる方は“全ての記事がまとめて読める”マガジン購入(¥1,280)の方がお得です!
→マガジン購入ページはこちらから←

↓本noteは下記「“誰でもマネ出来る”長谷川の仕事術」続きの内容になります。↓

この続きをみるには

この続き:2,060文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
演劇の公演を打つにあたって、なかなか円滑に進めることができない、とお悩みの方や、劇団を始めたい・公演を主宰したいけどやり方が分からない、とお悩みの方の参考に少しでもなれば幸いです!

★このマガジンを購入すると、「長谷川の仕事術」の全ての有料noteがご覧いただけます。 2017年8月に実際に上演された、長谷川主宰の...

または、記事単体で購入する

<演出助手>全体稽古スケジュールの作成

長谷川雅也

165円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

茨城県出身。28歳。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒。舞台製作団体Boy Meets Girll代表・フリーの舞台制作・舞台マネジメントとして活動中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。