notehead週間スケ

<演出助手>週間稽古スケジュールの作成

全体の稽古スケジュールとは別に、週間での稽古スケジュールを立てます。
日々新しいことが起こり、進行状況に変化が出てきますので、1週間ごとで区切ると進行の目処が立てやすくなります。

仕事術-週間稽古スケジュールの作成

長谷川のやり方だと、1週間ごとにスケジュールを新たに出すようにしています。
細かくタイムテーブルを作ることで見やすく作ります。
実際に使用した週間スケジュールを見ていきます。
①1週目『メモリ』週間稽古スケジュール1

他の「長谷川の仕事術」有料noteも気になる方は“全ての記事がまとめて読める”マガジン購入(¥1,280)の方がお得です!
→マガジン購入ページはこちらから←

↓本noteは下記「“誰でもマネ出来る”長谷川の仕事術」続きの内容になります。↓

この続きをみるには

この続き:1,206文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
演劇の公演を打つにあたって、なかなか円滑に進めることができない、とお悩みの方や、劇団を始めたい・公演を主宰したいけどやり方が分からない、とお悩みの方の参考に少しでもなれば幸いです!

★このマガジンを購入すると、「長谷川の仕事術」の全ての有料noteがご覧いただけます。 2017年8月に実際に上演された、長谷川主宰の...

または、記事単体で購入する

<演出助手>週間稽古スケジュールの作成

長谷川雅也

165円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

茨城県出身。28歳。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒。舞台製作団体Boy Meets Girll代表・フリーの舞台制作・舞台マネジメントとして活動中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。