合間縫う腑に落ちない音楽

肩透かしのカタストロフィは続く。

ニュースなどしょせんは「情報消費の娯楽」に過ぎない

音声メディアVoicyでパーソナリティをしている亀松太郎さんと対談させていただきました。テーマは「ネットメディアのキャリアとは?」。あらためて聴いてみると僕はほんと...

「インタビュー記事」の作り方

誰かに何かを教える立場には、決してなるまいと思っていた。 でもこのところ、ネットメディアの乱立によって、ちゃんとした環境で教育されたり鍛えられたりしていない人間...

「人生には目的がない」という君の認識は正しい

#社会人1年目の私へ というテーマに乗ってみようと思う。 どうせ20代で死ぬとタカを括っていた君だが、実は50歳を超えてもまだ生きている。それを知って絶望しているだろ...

東浩紀「平成という病」への疑問

東浩紀の「平成に入る直前の日本は大きな可能性を秘めた国だった」という認識は、ちょっと信じられないんだけど、これが数歳の差というやつなのか? 確かに昭和の終わり、...

スクリャービンのピアノソナタ第5番聴き比べ

スクリャービンのピアノソナタ第5番(1907年)をいろんなピアニストで聴き比べ、その違いについてメモして気を紛らわすことにする。 同じ曲を違う人の演奏で聴く意味 考...

明仁天皇を心からねぎらいたい

先日、東大卒業式での上野千鶴子名誉教授の祝辞が賛否両論で話題になったが、否定的な評価ではそれに勝るとも劣らない式辞がかつて存在した。 1997年から2001年まで東大総...