ひととひと

「ひととひと」は、アーティストおよびリサーチャーからなるコレクティブです。性犯罪の背景にある社会構造や、美術史や美術業界における国内外のジェンダー・ギャップなどについて勉強・研究を行っています。2020年春にgallery-towedにて展覧会を開催予定です。

【展覧会「女が5人集まれば皿が割れる」 開催延期のお知らせ】

4月10日(金)から予定しておりました展覧会「女が5人集まれば皿が割れる」は、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、2021年春へ開催を延期することとなりました。 初の…

【ひととひと初の展覧会を開催します】

みなさん、お久しぶりです!ひととひとメンバーの高橋です。 新型コロナウイルスがなかなか収束しない状況ではありますが、来たる4月に、「ひととひと」初の展覧会を開催…

with meeting #2「ジェンダーとアート、表現の自由について」開催します

第2回目のwith meetingは、アーティストの嶋田美子氏を迎え「ジェンダーとアート、表現の自由について」をテーマに行います。 ジェンダーにまつわるさまざまな問題は、私た…

with meeting #1「性犯罪の刑法のこれからを考えよう」開催しました!

【with meeting #1 たくさんのご参加・ご関心ありがとうございました!】 9/13にwith meeting#1「性犯罪に関する法律についてのこれからを考えよう」が終了いたしました。…

子どもと性的虐待、犯人の特性とは

記事作成 内田 百合香             編集協力 高橋 ひかり ・「ひととひと」を作った経緯と私について 私は幼少期に何度か性被害に遭っていたものの、高…

with meeting#1                              「性犯罪に関する法律のこれからを…

9月13日(金)17時~19時「性犯罪に関する法律のこれからを考える」 講師上谷さくら先生(弁護士) with meeting#1は、講師に弁護士の上谷さくら先生をお招きして「性…