複業してるから多才ってわけでも、一つを極めてるから立派ってわけでもない。大事なのは。
見出し画像

複業してるから多才ってわけでも、一つを極めてるから立派ってわけでもない。大事なのは。

デザイナー、映像制作、料理研究家、大学准教授などやってることもあり、

複業のメカニズムについて個人的に興味があって研究してます。
今回の動画も、その一環で複業がうまく行ってる人にインタビューするシリーズをはじめました。

初回は「メンタルコーチ、不動産屋はじめました。」

メンタルコーチのくにーさんからお話を伺っていて思ったのは、
彼の主軸になってるのはやはりメンタルコーチであり、
それを不動産のフィールドでどう活かすか、がテーマなんですよね。

で、ポイントは軸になるのが「職業」じゃなくて「スキル」だってことなんですよ。

この場合なら人の気持ちを汲み取る対話力とか、
カウンセリング能力とかですね

2足のわらじでも3足のわらじでもいいんです。
主軸になるスキルがちゃんとあれば。

職業が何個もあるから多才ですごいってわけでも
一つの職業だけやってるから本物志向で立派ってわけでもなく
その人がどんなスキルを磨いてるかだと思います。

職業はそのスキルを活かすためのフィールドに過ぎないんですよね。

それで、今は昔に比べると、フィールドが増えることに寛容になった
という単純なことなんじゃないかなと思います。

明治期とかは一人で何個も商いしてるのは当たり前でしたからね。

それに戻っただけなんだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
世界を旅して、いろんな仕事するのが好きです。デザインや映像作ったり、BBT大学で准教授したり、VEGESUSHIという料理作ったり(amazon和食本1位)、東京都や企業でデザイン思考のワークショップしたり。でも一番好きなのは料理を作ってみんなで一緒に食べること。