こんな夢をみた 20201116

 飼い猫の具合が悪い。病院に連れて行ったあと、妻と神社に行く。敷き詰められた白い玉砂利に広い境内、ここはどこの神社だろうか。誰もいない。おみくじを引く。高級な紙のステンシル細工で折りたたんだ二枚の紙が一枚分の厚さになっている。迷路のような模様をそれぞれに剥がして紙を開くと『片』と書いてあった。これはどういうことだろうか。妻はそれはきっとよいことだと言って消えた。神社にはひとりで来ていたのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!