保険パーシャルデンチャー制作の将来的未来像

専門的な話題で恐縮ですが、歯科専門家向けの解説動画です。職人として、30年以上モノ創りを追求してきますと、一般的な医療観点とは異なる考えが生まれてきます。現在、保険で出来る「義歯の制作法」として、将来はこうであってほしい、というものが毎日蓄積されて来ます。
その一つで、「義歯」を創る際に、「アゴの位置決定」をより緻密に設計・解析する必要がある事。「義歯」が出来る際に、ちゃんと出来上がりのひずみをチェックする必要がある事。これら紹介したものです。
知らない方も多いと思います。未だごく限られた手法なのですが、義歯完成時の「制作石膏模型」は残せますし、最終的な「顎位の位置」の比較・検討・確認など行い、記録として保存も出来るのです。
メリットをひとつ。もし国内の保険でこの様な「義歯制作法」が可能となったなら、最先端歯科治療でも成し得て無い研究であります「顎の位置」の把握・調節・影響判断を、世界で初めて進める事が出来ます。
(説明チョット盛り過ぎ 笑)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます
4
歯科技工士やっています。いわゆる職人ってやつです。あまり聞かないと思いますが、歯を作る(創る) 仕事ですので技術職であり、芸術性も必要かつ、医療の仕事も含んでいます。趣味半分で「医療」と「咬み合わせ」の研究にも少しのめり込んでいます。業界内のこと、興味向いたこと、たまに綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。