見出し画像

セトレのお酒

今回の商品の舞台は、セトレならまちがある奈良・吉野 。
奈良・吉野にある酒蔵『美吉野醸造株式会社』の三代目蔵元杜氏・橋本さんとの出会いからオリジナルのお酒を作っていただくことになりました。美吉野醸造は「吉野の風土に寄り添う酒づくり」を掲げ、これまでの「おいしさ」の枠組みを広げる日本酒づくりに取り組んでいらっしゃる酒蔵です。

花巴醸造元 奈良吉野の酒蔵 美吉野醸造株式会社
www.hanatomoe.com


セトレオリジナルのお酒は、吉野の百年杉で作った木桶で仕込むお酒です。
今回お酒を作るにあたり、吉野の森をまもる守人・中井章太さんや材木のプロである吉野中央木材の石橋輝一さん、そして大桶を作れる唯一の工房ウッドワークの方々から吉野の森や吉野杉について学び、そして木桶にする為の1本の木から僅かしか取れない木桶用の吉野杉を用意していただき、セトレオリジナル木桶を完成させました。

画像1

均質なお酒を作るために、温度管理ができるホーロータンクで作るお酒がほとんど。そこをあえて酵母菌や温度管理ができないという難しい方法で作っています。
私たちセトレがお届けする商品は、その商品を通してセトレがある地域を知って感じて欲しいという想いのもと動いています。木桶で作るお酒は、吉野の気候に合わせて菌が醸し出す、その時にしか出せない味わいを表現してくれます。吉野杉の木桶・吉野の米・吉野の空気で完成するお酒は、一口飲むと吉野の風景が見えてくる、そんなお酒になることを祈って・・・

日本酒は、個性が強いキリッとしたお酒。お肉や薫製などにあう味わいです。一方梅酒は、吉野が中心に広がる紀州半島の梅のペーストを木桶で作ったSAKEと調合したトロッとしたあまーいお酒。
表情が全く違うお酒です!
完成は7月予定。
お楽しみにー

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
神戸・姫路・滋賀・長崎・奈良と関西中心にHOTEL SETREを展開。ホテルという役割を超え、『地域の編集者』として各地の地域の魅力を発信するコミュニティホテルです。各地のSETREで繰り広げられているホテルの裏側を実際SETREで働くスタッフより皆さんへお伝えして参ります!

こちらでもピックアップされています

SETRE カイゼンプロジェクト
SETRE カイゼンプロジェクト
  • 118本

各SETREの支配人がホテルを良くするため、現場で日々奮闘していることを綴っていきます。>>>SETRE HP:https://hotelsetre.com

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。