記録的短時間大雨情報の基準

記録的短時間大雨情報の基準

・数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨(1時間雨量)が発生したとき。
  アメダスや自治体の雨量計で実際に観測されるか、
  気象レーダーと雨量計からの解析されたとき

・その地域に、災害発生につながるような、稀にしか観測しない雨量だということを知らせるために発表される。

・以下の雨量基準を満たしていることに加えて、
2021年からは、大雨警報発表中に危険度分布の「非常に危険」(うす紫)が出現している場合に、「記録的短時間大雨情報」が発表される

記録的短時間大雨情報基準


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
気象予報士・防災士 NHK気象キャスター おはよう日本の気象情報(5時52分~、6時28分~、6時56分~、7時30分ごろ~、7時55分~)に出演中。