出生数=人口減少の原因は「結婚願望の急減」 結婚できない状況、より深刻な、結婚したくない意識の若者が急増

今年の出生数は86万人の見込 (算定方法は 注1)。
出生数は4年で14%も減少し、国が僅か2年前に策定した人口推計より、急激な人口減少が進む(推計の詳細は 注2)。

注1)人口動態統計1月~7月の出生数が前年同期比5.9%減の51.8万人。
昨年の出生数91.8万人が5.9%減と想定すると、今年の出生数は86.3万人。
 
 出生数の推移(単位:万人)は次のように、人口減少が急激に進んでいると分かる。

年       2015   2016   2017   2018  2019(見込)
出生数(万人) 100.5   97.6   94.6    91.8  86.3

注2) 国が僅か2年前の2017年に策定した人口推計の出生数見込は
 2019年が92.1万人、2021年が88.6万人。


出生数(人口)が急減する原因は拙著『競わない地方創生~人口急減の真実』で詳解 したように、若者が、「1)結婚できない、2)結婚したくない」ことが人口が急減する最大の原因。 

「結婚願望が無い=結婚したくない」意識の若者が急増する動向を、明治安田総研が3年毎に実施する「20~40の恋愛と結婚」調査で説明します。

結婚願望の程度を問うと、20歳代の男女では次のように、結婚願望が急減しています。                   
                   2013年 → 2016年 
男性で、結婚願望が少しはある割合   67% → 39%
女性で、結婚願望が少しはある割合   82% → 59%


 人口政策で留意すべきは「結婚できない状況」と「結婚したくない意識」では原因も解決策も全く違う事。 
 結婚したいけど「結婚できない」なら、子育て支援や婚活支援という今の政策で正解。
 しかし「結婚したくない意識」の若者が急増する現在、今の政策は的外れ。結婚願望が急減した若者は「お金と時間を、自分の為だけに使いたい」と言う。ビジネスなら、自分へのご褒美の消費を狙うチャンス。でも、国としては根本的な解決策が必須。

「結婚願望が無い=結婚したくない」意識の若者が急増する動向を、明治安田総研が3年毎に実施する「20~40の恋愛と結婚」調査で説明します。

結婚願望の程度を問うと、20歳代の男女では次のように、結婚願望が急減しています。

                   2013年 → 2016年
男性で、結婚願望が少しはある割合   67% → 39%
女性で、結婚願望が少しはある割合   82% → 59%


 解決策=政策は、働く時間・方法を自分で自由に選べる「働き方改革」ですが、結婚したいという意識の醸成が最も重要で、詳細や事例は以下の連載をご覧ください。 


1話 成功例を、縦割主義で定義・美化するから、読者は失敗する

2話 歴史を書き換える出版で、シビックプライドを創造→移住者が増加

3話 金/予算が無いなら、協働のプル戦略~努力しても成功できない原因

4話 地方が衰退する原因は弱いくせに、競争するから~競わない地方創生

5話 個性を磨け~ありきたりな政策は供給過多で、価格競争/デフレに陥る

6話  連携ありきで無節操に人を集める失敗~連携/恋愛は1本釣りで成功 

7話 顧客目線とは顧客を絞る事~嫌われる勇気を持つと顧客目線になれる

8話 売上増加より、コスト削減に、予算を使え~代理店へ丸投げ多すぎ

9話 地域おこし協力隊の採用/活用5分類~人を使い捨てるブラック自治体

10話 役所の広報予算は 1/10に抑制できる~役所は広告代理店のカモ

11話 役所の 婚活パーティが酷い~政策と情報発信を改革する公務員研修録

12話 ゆるキャラ使い、重い結論を、軽い言葉で依頼するな~公務員研修録

13話 政策を考える前提~研修は同じでも環境が正反対なら、成果も正反対

14話 公務員は博打好き~成功確率1%で、いきなり多額投資の政策は博打

15話 帰納法で創造力と個性を高める~演繹法は皆が同じ(無個性)になる

16話 政策立案ノウハウ全公開~成功例だけ紹介→真似するから地方は衰退

17話 「裏が見えない=表面だけ視る」から失敗する~質問力を高める方法

18話 論理偏重は信頼されない~感情と論理の調和で、信頼される公務員に

19話 人材育成(研修)の基本~今は大物の恩師は新人の私をこう指導した

20話 創造的&貢献的な仕事だけが残る~役所仕事と裁量仕事は消滅

21話 地域資源がPRしても「埋もれる、顧客に伝わらない」訳と解決策

22話 オール与党化の地方自治・議会は、学習と改革を放棄して腐敗

23話 農業や観光をブラック産業にする地方(ブラック自治体)は衰退

24話 箱物(ハード)を集客を高める鍵は、ソフトの切り口

25話 個性あるブランド都市vsミニ東京化で個性を喪失して衰退する都市

26話 役所の仕事をした「ふり、アリバイ作り」が地方衰退の元凶

27話 人口減少策に成功した海士町と下諏訪町の共通項~連携、市民主役

28話 成功者は育てる~成功者に惹かれて、起業者・移住者が地方に集まる

29話 コニュニティの「しがらみ」を価値に変える~久繁哲之介の講演録

30話 地方創生は顧客価値の創造~顧客の声は面倒だから無視して商店街消滅

31話 できない理由・批判されそうな事を先に探して失敗する地方創生の真実

32話 地域ブランドと、ぼったくりは紙一重~ぼったくりでないブランド化

33話 市町村合併で、個性を無くして、地方は更に衰退

34話 お上が認める表彰・計画だから、地方と人を骨抜きにする

35話 人口誘致も、NHK大河ドラマ誘致も、手段が目的化して失敗

36話 定住志向だから失敗~2地域居住など利用志向の地方は成功

37話 空き家と地方衰退は、シェアリングエコノミーで解決

38話 人口減少政策の間違いが、空き家急増や街中衰退を加速

39話 郷に入れば郷に従えは人が流出→人口減少vsダイバーシティで人口増

40話 仕事の引継ぎは、前例と方法でなく、目的と価値を伝え価値を高める

41話 内定辞退率63%のブラック自治体に見る、マザコン公務員

42話 関係人口⇔交流人口⇔定住人口の質量で、政策を創る~商店街再生1

43話 車&ネットは、まちと人を変え、関係人口も変える~商店街再生2

44話 失敗は「良いvs悪い」失敗と「自責vs他責」に分ける~商店街再生3

45話 皆が自分の為だけの消費に走り、地方・商店街は衰退~商店街再生4

46話 子育て政策も商店街政策も、公私連携な働き方で成功~商店街再生5

47話 久繁哲之介の経営指導で再生・成長した商店~商店街再生6

48話 地方創生は個性の創造が必要~地方は閉鎖的・つまらないから衰退

49話 自由裁量が高い町で、移住者が急増~自分探しの若者を受け入れろ

50話 地方移住の成功法~住む場所・目的を変えて、失敗が成功に変わる

51話 事業を始める事しか考えない役所の事業は失敗~育成と撤退も考える

52話 難易度・投資は低く、効果は高い事業を創れ~協働、パラレルキャリア

53話 できる2割を活かすパレート法則で地方創生~ダメな者の保護で衰退 

54話 関係人口・顧客の口コミで観光者と移住者が急増~役所広報がダメな訳

55話 自分探しの若者・定住意欲が低い者を応援できる地方に、移住者が急増

56話 忖度させる首長が、公務員と地方を劣化させる~地方衰退の真実


57話 ふるさと納税&クラウドファンディングの欠陥~寄付で稼ぐな

58話 自治体がクラウドファンディングを運営する効果

59話 住宅の空き家・店舗の空室化を「予測、代替、関係」で解決

60話 スキル無き素人な公務員の補助金ばらまき、6つの病と処方箋

 
 60話の内、読者(地方議員・公務員)から反響が大きいベスト3

3位 働き方をこのように改革したいと、公務員向け研修の依頼
40話 仕事の引継ぎは、前例と方法でなく、目的と価値を伝え価値を高める

2位 人口減少対策・地方へ移住政策に活用したいと、講演の依頼
54話 関係人口・顧客の口コミで観光者と移住者が急増~役所広報がダメな訳

1位 これが地方と公務員が劣化する真の原因。本にして世に問うてほしい
56話 忖度させる首長が、公務員と地方を劣化させる~地方衰退の真実


 お仕事の依頼、久繁哲之介のプロフは、こちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
私が体験した「働き方の改革、公務員・議員への研修、地域の再生、小さな店の経営」支援の話。全て無料で読めます。著書に『地域再生の罠』『商店街再生の罠』『コミュニティが顧客を連れてくる』『競わない地方創生~人口急減の真実』等があります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。