アイ・チー・イー 「中国のネットフリックス」の成長可能性について

アイ・チー・イー 「中国のネットフリックス」の成長可能性について

アイ・チー・イー(ティッカーシンボル:IQ)は「中国のネットフリックス」というあだ名が付けられたストリーミング・サービス(会員制インターネット・ビデオ)の会社です。同社の親会社はバイドゥ(ティッカーシンボル:BIDU)です。

【市場】
同社はストリーミング・サービスでは中国最大です。競争相手はテンセントとアリババです。アイリサーチによると中国のストリーミング・サービス市場は下のチャートのように成長すると考えられています。

2016年から2022年にかけての成長率は年率+34.9%が見込まれています。全インターネット・ユーザーに占めるストリーミング・メンバーシップ加入者数は2012年には1.2%に過ぎませんでしたが、2016年には13.2%にまで上昇してきています。なおアメリカのネットフリックスの加入者数は全インターネット・ユーザーの28.1%を占めています。またネットフリックスの年間ユーザー単価は110.5ドルでした。

なお米国のネットフリックスの場合、売上高はもっぱらサブスクリプション・フィー(=会費)であり、広告は重要ではありませんが、中国ではサブスクリプション・フィーに加えて広告も重要な売上高の柱となっています。インターネット・ビデオ広告市場は下のチャートのように成長すると考えられています。

2016年から2022年にかけての成長率は年率+25.2%が見込まれています。2016年の時点でインターネット・ビデオ広告市場は広告全体の5.0%でした。一方テレビ広告は16.2%でした。2022年には両者の立場は逆転し、インターネット・ビデオ広告は広告全体の9.6%に達する一方、テレビのシェアは7.1%に下がると予想されています。

この続きをみるには

この続き: 1,933文字 / 画像2枚

アイ・チー・イー 「中国のネットフリックス」の成長可能性について

広瀬隆雄

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Market Hack編集長