陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
好きな食べものは洋食屋にある
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

好きな食べものは洋食屋にある

長い間、わたしの中で「この世で一番好きな食べもの」のもとに燦然とかがやく料理がこれでした。

オ・ム・ラ・イ・ス

画像1

あのつるつるの黄色いふんわりとしたたたずまいを思い浮かべるだけで、どんなにお腹がいっぱいでもよだれがでます。

ああ、たまらんっ

そんなことを言っていると
「おいおい、おまえさん、あれかい?オレさまを口にしながら『もうわたし、これだったら1週間でも食べつづけられる!」って言っていたのはウソだったのかい?」
と怒ってきそうなのが

カレー

画像3

たしかに我が家はカレーをずん胴の大きな鍋でつくり、1週間くらい食べ続けますがぜんぜん飽きません。それどころか、カレーの底が見えると泣きそうな気持になります。


「カレーさんも入るなら、わたしも忘れないで」とうったえて来るのがシチューのみなさん。たしかに。

トマトベースのシチュー

画像4

ところで、ビーフストロガノフとかハヤシライスってのは、シチューには含まれないのかしら?と思って調べてみました。

これによると、ビーフストロガノフはシチューの一種。日本ではデミグラスやトマトベースのビーフシチューに近いイメージですが、ウクライナ地方ではホワイトシチューに近いものが食べられているそうです。

ハヤシライスの語源には諸説ありますが、一説にはハッシュドビーフがなまったものと言われています。ハッシュとはデミグラスソースで煮込んだ料理のこと。

となると、デミグラスベースのビーフストロガノフとは、ほぼ区別がつかない気がします。

ビーフストロガノフの特徴は、サワークリームなどによる酸味ですが、ハッシュドビーフにもワインビネガーを入れたりするので、割と酸っぱいんでは?

また、ハヤシライスが日本で流行したころには、デミグラスソースは日本に上陸していなかったので、最初はトマトソースか、もしくは醤油や味噌味だったのでは?ともいわれているそうです。どんな味だったんだろう。。。


このイラストを見て、何の料理かわかりますか?

画像5

カレーに見えますよね。いえ、カレーで間違いではないのです。

でもこれ、奥に見える白いのはライスではなくて、オムレツ。白い卵のオムレツに手前がサフランライス。ふわふわのオムレツにカレーをかけて食べるという、ちょっと贅沢な一品。

そんなわけで、スフレオムレツ でした。


これぞ贅沢の極み。

フルーツサンドとフルーツティー

画像5

生で食べて美味しいフルーツをあったかい紅茶に入れたり、わざわざパンにはさむなんて、ホント贅沢ですよね。

そういえば、最近のフルーツサンドは、こういう形はしてないんですよね。切り口にしっかりフルーツの形がわかるように挟むのが今風。でも、いろんなフルーツを一気に味わうなら、これがマスト。

ああ、食べたくなってきた、洋食。


ほかのイラストはコチラからご覧ください。
hiyoko_hina69、もしくはhiyokoで検索できます。

画像6

画像7

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)他2冊既刊。中日新聞広報誌・朝日新聞Webメディアにて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。その他お仕事実績多数。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/