iOS_の画像__5_

伝えたかったことは、一歩を踏み出してほしいということ

こんにちは、KANEです。
デブサミというイベントで登壇をしてきましたので、その感想記事です。

セッション名は
アウトプットのススメ ~技術同人誌・LT登壇・Podcast~

スライドはこちらです。


Togetterなどで内容がまとめられていたりしますので、こちらもご覧いただくと雰囲気がわかると思います。

私が話したのは、「Podcastを始めるとこんなに良いことがあるんですよ〜」という話でした。
Podcastを始めることで、普段何気なく使っているというコミュニケーションツールに意識が向きます。
そして、に磨きをかけることで、日常生活におけるコミュニケーションをもっとよくできます!という話をしました。

声の重要性を伝えるために、誰よりも声に集中して発表をしました。
声が良い!という感想が聞けたので成功したのかな?

まぁ身振り手振りも大きく発表したので、声だけで伝えたわけではないという意味ではインチキですかね?
こんな褒め言葉も頂いておりますw

まぁ概ね成功かなぁと思っているのですが少しだけ心残りがあるとすれば、時間を巻くためにザーっと話してしまったので、落ち着きのないようになってしまったことですね。

twitterでの反応も少なかったのは、その暇を与えなかったからかなぁと思っています。
「自分の時間をもっと確保すればよかったかなぁ」
そんな気持ちも芽生えました。

しかし、私達が伝えたかったことは何か?というのをあらためて考えてみると

アウトプットのススメ ですよね?

私だけがススメる必要なんて無いですよね?

われら7人の発表を聞いてアウトプットをしたいと思えたのならそれで良いのです!
そういう気持ちがあったから
こういう行動ができたのだろうなぁと思っています。

6分→4分くらいに巻いて、erukitiさんの発表時間を確保した結果!!!
なんと、行動に移した人が何人か出てくれました!!!!!

どんな形であれ、私達の活動が誰かの背中を押して、第一歩を踏み出してくれたのであれば大成功だったのではないでしょうか?

P.S. 実は、Podcastをやってみたいという人が居まして、ゲストとして参加してくれることになりました!!!ちゃんと布教できてよかった!
ちょっと先になるかもしれませんが、それも楽しみにしていてください!!!

宣伝
※本編とはあまり関係はありませんが

技術書典6にGrowthfactionとして本を出します!
挫折論への招待と題しまして、チャレンジをする時に障壁となる挫折という恐怖について、どのように考えればよいのか?という知見を詰め込んでいます。


アウトプットのススメを聞いて、アウトプットをしてみたいけど挫折をしてしまわないか不安であるという方は、この本を読んでもらえれば未来の不確実性に怯えること無くアウトプットをすることができるようになると思います。

最後に

デブサミという大きな舞台で発表する場を作ってくださった運営の皆様!
そして、Podcastというレアなアウトプット方法をアウトプットのススメの一部に組み込んでくださった親方さん!ありがとうございました!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Podcastも聞いてね♡
11
おしごと界隈エンジニア
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。