見出し画像

自分という人間の居場所

自分が人からこう思われるだろうと想像するイメージと、人が自分に抱く印象は、必ずしも一致するとは限りません。

人といっても、みんながみんな自分に対して同じ印象というわけでもないでしょう。

自分という人間は、どんな人間なのかと悩むことはありませんか。

どんな人間だと言われたら、安心するのでしょうか。

それは、褒め言葉ですか。

それとも、あなたのイメージにぴったり合う言葉でしょうか。

自分のことを理解して欲しいと願う時、心の中には、理解されていないという不満があるに違いありません。

自分のことを理解して欲しいと望むのは、何らかの支援や助けが必要な人ばかりではないと思います。

自分のことを理解してもらえたら、きっと今より生きやすくなると考えるからかもしれません。

結局のところ、自分という人間の居場所をこの世界で見つけるために、人はいつも、苦労しているのでしょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thank you!また、読んでいただけるよう頑張ります。
27
作家。著書「自閉症の僕が跳びはねる理由」「自閉症の僕が跳びはねる理由2」「跳びはねる思考」「あるがままに自閉症です」詩集「ありがとうは僕の耳にこだまする」「自閉症の僕の七転び八起き」他多数。 東田直樹オフィシャルサイト https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。