見出し画像

リピートトレーナーは人間力

私がパーソナルトレーナーとして、いくつものジムを経由して、それこそ様々なトレーナーさんに出会ってきた。

セオリー通りに指導するのが得意なトレーナー、職人技が光る整体に近いアプローチをするトレーナー、アジリティトレーニングなど動きに重きを置いているトレーナー、コアやバランスに重点を置くトレーナーなど。そこには十人十色の世界観がある。

パーソナルトレーナーと一言にしてみても、皆んなが皆んなリピートを取り稼いでいるわけではない。そこには「顧客満足度」というクライアントからしか見えてない壁のようなものがあるのだろう。

そこでリピートをとり稼げているトレーナーとそうではないトレーナーとを考察してみたい。

・リピートを取れるトレーナー

クライアント目線を持っていて、「自分だったら何をされたら嬉しいのか」ということがわかっている人。つまり今まで様々なサービスを受けたり、様々な場所で経験を積んでいるので単純に経験値が高い。

経験値=人間力でもある。

つまり、これがない人は指導力だけに力を入れて様々な技術系セミナーなどをハシゴしてるんだけど、それよりも世界を知ったほうがいいだろう。

そのまま技術系ばかりを追求してもリピートしてもらえないんだったら、なんの意味もない。

つまり、リピートが取れるトレーナーは技術だけではなく人間力に長けている人が多い。

・リピートを取れないトレーナー

まずクライアント目線ではない。そのため相手の話しより自分の話しを優先してしてしまう。話す言葉はすごく多いのだが、実はこういう人の方がモノ(サービスも一緒)が売れない。

プロだから技術があるのは当たり前なのに、自分の技術の話しばかりをしてしまう。そんなに話さなくても、本当にすごいんだったら、すごいとクライアントから言われるはずである。

それなのに「この機会を逃したら。。。」と本気になって売り込んでしまい、結局は逃げられてしまう。という例は快挙にいとまがない。

その際「私は技術がないからだ。。。」と思い、更にセミナーをハシゴする。言っておくがクライアントは実験台ではない。効果のある技術が欲しいし、痩せたい、ボディラインを変えたいのだ。

トレーナーがやりたいことをやるっていうのは、本当にアマチュアな4流としか言いようがない。

これらどこをとっても人間力が足りていない。

この基準は、もし、あなたがパーソナルトレーニングに通おうと思っているのならトレーナーを選ぶ基準になるのだろう。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖

〈トレーニングの依頼はこちらから〉

駒込エリムガーデンホームページ
http://www.fitjuku.com

南麻布FITJUKUホームページ
http://fitjuku.jp/#top

☆空き枠がないので、待たせてしまう可能性が高いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは新たな経験をする足しにさせていただき、記事として還元します!

どうもです
6
講師/ヴィーガントレーナー/医師とタッグ/東京駒込と南麻布で脱力ジム運営/自律神経が整いボディラインが変わる"脱力トレー二ング"が話題/脱力できれば身体は変わる!ツイッター本垢→@higahfit
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。