もういちど秋を unit 5

『もういちど秋を』最終章。扱われるのは抽象度が高い詩篇だが、詩は新たに読み直され、現在の私たちそれぞれの日常に引きつけて考えるべきだろう。今回のプロジェクトではいろいろな「海」の映像を撮ったが、特に福島の海は忘れられない。あなたも忘れられない「海」や「街」があるだろう。

「糸くずに紛れて 紅に沈むひと日があるなら 夢は夢の場所へ帰るだろう 悲しみは悲しみの場所へ帰るだろう」

 そして「もういちど秋を...」。

5-1. ふたつのみみ
5-2. 合歓
5-3. 盗む日(Ⅷ)バイ・バイ・ブラックバード
5-4. 流布
 武田多恵子 5-1, 5-3『蜜月』、5-2『麦の耳』、5-4『流布』より

The final chapter of the "try to remember". This consists of highly abstracted poetries, but it should be read again and should be realized in each of our present, daily life. In this project, I videoed scenes of various "seas", but the sea in Fukushima is still unforgettable, and you must have unforgettable images of "seas" or "cities" as well.

"When a day mingled with lint and sank in crimson, the dream will return to the place of Dream, the sorrow will return to the place of Sorrow"

 and then, "try to remember"

5-1. Two ears
5-2. Togetherness (Persian​ silk tree)
5-3. Stealing Day (Ⅷ) Bye Bye Black Bird
5-4. Dissemination
Taeko Takeda / "Honey Moon"(5-1, 5-3) "Ears of Wheat"(5-2), "Dissemination" (5-4)

try to remember - unit 5
Taeko Takeda (words), Taiichi Kamimura (saxophone), Hideo Nakane (video)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。サポート頂いたお金は今後の活動に役立てようと思います。

ありがとうございます!嬉しいです。
美術家(絵画、写真、映像、インスタレーション)です。http://hideonakane.com/

この記事が入っているマガジン