斜里寿司

【デッド・オン・タイム・リーヴ・オン・タイム #1(改訂版)】

1 ネオサイタマ市警本部の片隅、もっとも小さな部署の小さなビルディングの前には古びた掲示板が立っている。重金属酸性雨に打たれ、今にも朽ち落ちそうな木製の看板は、前…

核強打拳、今日も征く

203X年、世界は核の炎に包まれた。 大国同士の核アポカリプスは回避された。しかし人々の軋轢は破壊力を求めた。あらゆる諸問題の解法を個々人は核に求めた。 拳サイズ超…

違法寿司

神崎は狼狽えた。社会人2年目の彼にはとても重すぎる瑕疵であった。 彼が前任者から引き継いだ取引先は、令和のご時世にあるまじきいい加減さを顧みもしなかった。卸売業…

ドブヶ丘図書館司書の日誌

7月8日 ㈪ 今日も誰かを恨みたい。 あー、クソ。本当にクソだ。誰も来やしないってのに、給料に釣られて図書館の司書になんかなるんじゃなかった。 やっぱりあの機械を入…

虚無寿司

ある日、路地裏にてーーー なんだ、見ない顔だな。 今どき隣街からこっちに来る人間なんてまずいないんだが。 俺はここらの人間ならみんな知ってる。俺が知らねえってこと…

【ティル・ザ・ムーン・ライジス】

「GROWL!」ベアハンターは爪の一振りでナイトウィンドを弾き飛ばし、片腕を奪った。 眼の前にはなお敵ニンジャ。赤い装束の女ニンジャはおそらく手練、しかも異様なニンジ…