日本語という無理ゲーよ


こんにちは、ハヤカワ五味です。

私はもともと英語が人並みには喋れて、最近は中国語を勉強しているのですがその中で衝撃的だったことがあります。それは、日本語がめちゃ情報量が少ない言語なうえに、そろそろアップデートされないとかなり詰む言語なのではないかということです。

なぜなら、例えば、最近だとSNSがすごく流行っているわけですが、英語・中国語・日本語でそれぞれ表記すると

英語
social networking service
中国語
社交网络服务
日本語
ソーシャルネットワーク
(社会的ネットワーク)

(多分もっと良い例があると思うのですが、私の中国語は1歳児レベルなのでご愛嬌…)

この3つが並んだ時に、一番情報量がその言語のみだと少ないものって日本語ですよね。だってただ英語の発音をカタカナに変えただけなので、元の英語の意味がわからないとわかりません。その一方で中国語は漢字1つずつに意味があるので、初見であっても中国語の範囲内である程度意味を理解することが可能です。

例 网络(=network)→网(網)+络(絡む)
例 服务(=service)→服(従う)+务(仕事)

ちなみに、SNSという言葉自体が英語で生まれたものですが、英語の場合でも接頭辞とか接尾辞と言われるものがあるので、ネイティブならば初見でなんとなくの意味はわかるんですよね。

例 communication→com(共に)+mun(変える)+ate(する)+ion(こと)
※諸説あります

現在、日本にはたくさんのカタカナ語があります。

若い世代はそれを当たり前のように使っているので意味も理解していますが、これが言語習得の難しい世代だったり英語のできない人々だったら、そのカタカナ語の意味は理解できるのだろうかとたまに考えます。

これは私個人の仮説になってしまいますが、私は、このような音だけで変換するカタカナ語が日本がインターネットやビジネスにおいて遅れを取り始めている要因なのではないかと考えています。実際問題そうではないと嬉しいのですが、どうなんでしょうか。少なくとも、もしそれが正しかった場合、どこかしらでカタカナ語を日本語に落とし込む必要が出てくるのではないかと思っているのですが、なかなか理解してもらえないので寂しく思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださりありがとうございます!サポートは、お勉強代として活用させていただいております。

スキありがとうございます!とっても励みになります!
138
キュ〜トでクレバ〜な経営者。ランジェリーブランド feast/ワンピースブランド ダブルチャカ/ラフォーレ原宿 LAVISHOP等を運営している株式会社ウツワの代表取締役です。服という”纏う哲学”についてと、”透明な売上を立てる経営”を日々考えています。
コメント (3)
先程ツイートにも反応しましたが、非常に腹落ちしています。僕もカタカナ語翻訳家やりたい!
こんにちは。大変共感したのでマジレス失礼します。カタカナ語は本当に音だけなので、そこから想起され得る情報が少なく、故にその領域において想像力を発揮するための素材が少ない、というのは大いにあり得ると想います(想像力の源泉不足がビジネスに遅れを取る要因になっているかどうかはちょっとわかりかねますが)

英語の語源を辿り内包している概念を洗い出せば対応可能ですが、ご指摘の通り英語に親しみのない人々にそれを求めるのは難しく。真面目に翻訳が必要かもしれません(ってそれを指摘されてるんですよね)。
英語圏に5年以上住んでいます。いくつもの言葉を話せるようになると言語や文化の違いが楽しくなってきますよね。この記事も楽しく読ませて頂きました。
私は言語自体に優位性はあまりのかなーと思ってます。フランス語の”起業家”を英語でentrepeneurにすることと、カタカナでアントレプレナーにするのは似てますよね。どっちも各々の方法で柔軟に他国から言葉を取り入れています。
日本が色々なことに遅れているのは言語の質よりも数、具体的には国際的な情報に対しての一次情報の数が限られていることによる要素が大きいのかな、と考えています。
英語がわかれば少なくともイギリス、アメリカ、カナダ、オセアニアの各国のニュースを聞いて比較したり、各々の良いところを取り入れることが容易ですが、日本語ではどこの国の情報も必ず翻訳しなければいけないのがボトルネックなのかなーと。
どちらの言語も素晴らしいですよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。