見出し画像

WhiteParka

have a nice closet

2020年12月、縫製工場で働き始めました。
新卒から10年間働いた会社を飛び出して、妻の実家稼業の跡継ぎ候補として新しい生活をスタートさせました。

縫製工場って結構いろんな人が来ます。意外と人気なんですよ。
あんな製品作ってみたい、こんなイメージを形にしてみたい、、、
「工場」という響き、何かできそうって思っちゃいますよね。。。

そうなんです。大体できちゃうんです。
無理難題であっても、何とかやってみよう精神が働いてしまいます。
でもビジネスにつながるかというと、
なかなかうまくいかないことの方が多いです。そんなもんですよね。

ビジネスになっているもの、
私の働く工場においては「大量生産」を意味します。
大量生産ときくと、
急にさっきまでの創作っぽいニュアンスが吹き飛びませんか。
実際私たちの業務は流れ作業が多く、
モノづくり的な気持ちが入らないことが多いです。

その反動で、
「何か想いのこもった商品を自分たちで企画したい」を形にしたのがWhiteParkaです。

デジタル化が当たり前の風潮ですけど、
服って今のところデジタル化できてないんですよ。
生地を切って、ミシンで縫って、送り届けて、
どこか最先端の国では全自動になってるのかもしれませんが、
私の働く工場ではすべて人間が行っています。
服作りっって自動車産業とかより歴史長いと思うんですけどね、
まだあんまり発展してないみたいです。詳しいことは知りませんけど。

だから思いっきりアナログなコンテンツにしてみました。
リアルなモノには物理的な制限がたくさんあります。
距離、時間、大きさ、、、意外と少なかったです。他にもあると思います。

WhiteParkaでは、
まず真っ白い紙に服の原型の線だけ書いたものをお届けします。
自由に描いてみてください。
一人でも、家族とでも、仲間とでも、あなた次第です。

悩みますよね。真っ白って。
「なんか面白い話して」くらいのプレッシャーを感じます。
でもそれもまた面白いですよ。
子どもって一片の迷いもなく描き始めるんですよね。すごい。
考えるより直観なんですかね。
逆にじっくり構想を練ってからってのも良いのかもですね。

そんなひと時を体感してみませんか。
最後に服として縫い上げてお届けします。
忘れられない一着になったら嬉しいです。

WhiteParka

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
have a nice closet
have a nice closetは 京都府舞鶴市の縫製工場「福井センイ」が始めた服づくりサービスです。 老舗縫製工場の跡継ぎ候補が服をつくる日々の中で想ったことをつらつらと。