見出し画像

師走の生産性が壊滅的な件

まずいぞ、これは。
何も先に進まない。

最大の誤算は保育園。
11月から新しい保育園に移るはずだったのだけど、もろもろの事情があって11月は家庭で育児。それが恐ろしいことに12月も延長なので引き続き、家庭で育児。

そして、さらに1月も、もしかしたら2月も怪しい……。

細々とした家計の話になるけど、保育園に預けずに自宅育児をしている月は、保育園代の約7〜8万円が毎月浮くことになる。従って、その分は仕事しないで育児・家事に回すことが出来る。時給換算すると1000円を切るのは間違いないが、悪いことばかりではない。

ただ、自分の仕事は全然進まない。この暮らしにはだいぶ慣れてはきたし、毎日、大好きな娘と目一杯戯れられるので幸福度は最高なんだけど、書き物は進まない。

一日家事と育児をして、ご飯を作ってふー一息という19時から24時の間に、気合いを入れ直して書くのは決して簡単ではない。脳の切り替えをしないといけないんだけど、なかなか器用には出来ないものだ。

やっぱり切り替えるスイッチがあるのが望ましく、やはりカフェなどに移動するのがいいのかもしれない。しかし、ちょっと横になって休もうと思ってしまったらもう負けだ。自宅で集中モードに一気に突入できたらいいのだけど。

やはりまとまった時間で一気に書き上げようとする作戦が間違っているのかもしれない。組み立て工法のように、書くべき箇所を細分化しておいて、細切れの時間で書けるように工夫する方がいいのかもしれない。

試しにやってみよう。この数ヶ月はアウトプットのクオリティが少し変わるかもしれないが、何らかの対策をしないと、ね。

そうそう、後は、絶賛「咳ぜんそく」で体調的に無理が出来ないところがある。咳ぜんそくというのは、風邪を引いた後、咳だけが残る症状。これがなかなかしんどい。風邪の期間を合わせるともう三ヶ月くらい苦しんでいる。

ステロイドの吸入というスポーツ選手ならドーピング違反で捕まりそうな方法で治しているのだけど、まだ本調子ではない。一番悪い時が10だとして今は2くらい。悪い時は、気管から肺まで全部ひっくり返りそうだった。

あと、最後の誤算はFC東京の優勝争いだった。ゆるサポだった自分がいつの間にかガチサポみたいなメンタリティまで引き上げられてしまった。暗黒時代に距離を置いたまま、一歩引いたくらいで見ている癖がついていたんだけど、来年からは……。というよりももう今は、脳内青赤で染まっている。

このあたりについては総括的な記事を書きたいんだけど、間に合うか。今治の記事も書かないとだし。年はまたぎそうだなぁ。

育児しながらの挑戦は、焦らず、じっくり。子供の笑顔を楽しみながら。

パパは頑張るよ!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

9
作家・Youtuber。偏差値30からの大学受験を経て東京大学文科Ⅱ類(経済系)→文学部に進学(宮沢賢治の生命観)→大学院は理転して農学系(アワビ類の行動生態および繁殖生態の比較)→自主退学しスポーツ系の物書きに。著書『サポーターをめぐる冒険』がサッカー本大賞2015を受賞。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。