見出し画像

たまには「真空管アンプ」でも。

ふだんは気軽にUSB Audioを楽しんでいるけどたまにはオートリバース(笑)のカセットデッキで真空管アンプでの音も。アナログ同士で相性もいいみたい。
昔のMac Proには光デジタル出力もあるのでアナログのピンプラグへ変換器でiTunesやradikoも楽しむ。
中間域のボリューム感があってアコースティックな曲にマッチ、いい雰囲気で鳴らしてくれる。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!! 生きる励みになります(^ ^)/
2
デザイン、写真、音楽、ランニング、農業、日本手話などなど。仕事&趣味の煩悩をnote。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。