スクリーンショット_2020-01-09_20

RunkeeperのトレーニングメニューをGarminに。(手動だけど(汗))

ランニングの記録は基本はGarminのForeAthlete 935でログをとっていて、Nike Run ClubとRunkeeperに同期している。Runkeeperはサービス終了となったMy ASICSからの引継の流れで今は年間4,800円のサブスクで利用。主な目的はレースに向けたトレーニングメニューを目標やスキル、スケジュールに沿った独自のプランを作成してくれる。そしてその練習メニューが自分に合っている気がするし、練習を完了し消化していくことがとてもモチベーションになる。
特にお気に入りのメニューはサージやインターバルワークで距離を走り込んでいるだけだと退屈になってしまいがちな練習にアクセントとしてリフレッシュできる。ただ、繰り返しのインターバルで心拍数が170bpmにも達するとペースや距離、時間など単独練習だと管理しにくいもの。また、アプリを入れた携帯もできれば持ちたくない。(Apple watchならいいかも)そこでGarmin connectのトレーニングで同じワークアウトを作成してデバイス(腕時計)に落としておけばインターバル中にアラームとバイブで知らせてくれる。これで走ることだけに集中できるので脳は真っ白になるまで追い込んでも大丈夫(笑)

Runkeeperのトレーニング機能はまだ発展途上と思われるので今後のアップデイトで改善、充実、進化してくれることに期待している。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!! 生きる励みになります(^ ^)/
デザイン、写真、音楽、ランニング、農業、日本手話などなど。仕事&趣味の煩悩をnote。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。